FC2ブログ

今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/2 劇場版SPEC~天~

人気ドラマの映画化。
ドラマには一応、「警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係」という副題があったが、
どこかに消えたようだ。
特殊能力を持つ「SPECホルダー」と呼ばれる面々は、
自分たちのルールで世界を我が手にしようと、不可思議な手法で殺人を繰り返す。
警察官の当麻(戸田恵梨香)と瀬文(加瀬亮)はそれを阻止するべく捜査を進めるが……。

まず、ドラマを見てない人は映画だけ見ても分からんです。
連続ドラマの「起」、SP版「翔」と来て映画版「天」なので、
出来ればドラマをざくっと知ってから見る方が楽しめます。
今回もやはり最大の敵は「時間を止める」SPECを持つ一十一(ニノマエ・ジュウイチ/神木隆之介)。
彼は実は幼い頃飛行機事故で死んだと思っていた当麻の弟・陽太で、
映画の中では当麻と離れてからの秘密も描かれている。
当然当麻とのとぼけたやり取りもたくさん見られるので、
ニノマエファン(私だ)は楽しかったのでは。

しかしさすがお金をかけているだけあって、
堤監督お得意のCGやカメラワークを多用したエンターテインメント性の高い作品だったが、
ドラマから考えると「やり過ぎ感」は出てましたねぇ。
とても小さい事だが、当麻の口癖「高まる!」の言い方が変わっててがっかり……。
ドラマでは野太く一気に貫くように言っていて、それがむしろ可愛かった。
なのに映画は「高まるぅ~」ってくにゃくにゃしていて、むず痒いと言うか、
「可愛い」と言われたいのか? みたいなね。
バトルシーンも多々あるが、総合すると恋愛要素が強かったような。(全然望んでなかった)

そして最後に、何すか、あの続編を匂わせる終わり方。
今回で終わらせてくれると信じて観に行ったってのもあったのに……。
でもきっとやるんだろうなあ。
堤監督自体にファンがついてるから収益見込めるし、
「トリック」もしつこいくらいやってたもんなぁ。
ニノマエが出ないなら諦めつくけど、第三の主役と言ってもいいポジションだから、
そういう訳にいかなさそう。
でも今回の映画で私の中ではある程度の区切りがついたので、
今後はニノマエが出るかどうかがポイント。
いや、ホントに今回の終らせ方でちょうどいいと思うんですけど……。

まあ、シリーズ物ってのは第1弾が一番面白いもんです。
SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 DVD-BOXSPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 DVD-BOX
(2011/03/23)
戸田恵梨香、加瀬亮 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。