FC2ブログ

今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/25 淋しいマグネット(WHITES)

キャストが変わって二回目の観劇。(あらすじは先日の記事に書いたので割愛します)

ゴンゾ(碓井将大)、トオル(橋本汰斗)、シオン(柳下大)、リューベン(瀬戸康史)のキャスト。
シオンとリューベンは先日と同じ、あとの二人が別キャスト。
REDSに比べると経験が浅い若手たちだが、
私は個人的にこのチームを見るのがとても楽しみで、
チーム分けを見たときに「よっしゃあ!」とこぶしを突き上げたものだ。

碓井君は上手くないんだけど、妙に目を引いて印象に残るし
(炎神戦隊ゴーオンジャー/ゴーオングリーン役)、
汰斗はすごく純朴で素直な、まっさらな芝居をする。
大君は回数重ねて良くなっていくタイプのようで
先日より伸び伸びやってるように見えた。
でもホント、たまに何言ってるか分かんないんだな……。勿体ない。
瀬戸は先日のリューベンの方が好きだった。
何か変な風に役に慣れちゃったかなって。
まあ、力量が群を抜いてるのは変わらずで、
この日は大量の修学旅行生が客席に入っていて、
彼・彼女らはDボに何の興味もないのでしょうが、
「瀬戸君上手いよね~」って声があちこちから聞かれました。
一目で分かっちゃうってのがやっぱり私のひいき目だけでなく、
瀬戸君の実力なんだろうなあ。

REDSチームの方が完成度は高いけど、WHITEチームの瑞々しさは
何とも言えない甘酸っぱさがあるというか……。
今回の芝居が青春劇だったから上手くハマったのかな。

ともあれ、D-BOYS Stageも無事10回を迎えた。
そのうち半分くらいしか見ていないが、今回のはホント観に行って良かった。
REDSのDVD予約しちゃいましたぜ。
あの瞬間の瀬戸が記録に残るのは大変喜ばしい。
(DVD紹介ページにリンクしましたが、通販のご希望はこちら)
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。