FC2ブログ

今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベター・ハーフ」作・演出:鴻上尚史

「ベター・ハーフ」とは、自分が必要とする、もう一人のこと。
若い男女と、中年の男と、トランスジェンダーの女性……。
4人の恋の物語が今始まる。
yjimage.jpg
作・演出:鴻上尚史
風間俊介
松井玲奈
中村 中
片桐 仁

ああ、また行ってしまった。
この公演は2015年4月の再演。
初演時は玲奈嬢の役は真野恵里菜嬢だった。
起こることはすべて分かっているのに、
何故観に行ってしまうのか?
だってもう、何もかもが好きなんだもの……。
キャストが全員大好物で、
お話も鴻上さんらしく笑えて泣ける。
登場人物が本気で悩んで自殺しようとしてるのに笑っちゃう。
もう本当にスゴイです。

風間君はこの舞台だと踊るね!
オープニング、ジャニーズぽかったよ!(笑)
この人、芝居で観るとカッコいいんですよね。
普段は相葉ちゃん(嵐)の舎弟の空気をまとってますが、
ホントに芝居だと……(以下略)。
諏訪君はハルカ(玲奈嬢)とミギワ(中ちゃん)の間を
フラフラと揺らめいて身勝手な部分もあるのに、
彼なりに苦しんでるんだろうなあと思わされてしまいました。

玲奈ちゃんも踊ってたしコスプレしてたし
放送禁止用語バンバン言ってましたな。
会場のおじさまたちはたまらんかったのでは。
SKE卒業以後、ドラマや映画出演を経て、
ちゃんと女優さんになってきましたね。
東京公演ももう後半。
あれだけ叫んでるのに、声が潰れてないのは素晴らしい。

中(あたる)ちゃんが、もうとにかく好きです……。
この人の歌声って何であんなに深くてしなやかで
美しく響くのだろう……。
とにかく中ちゃんの歌を聞くと涙が出てしまいます。
2年前の初演に比べて演技もすごく自然になってました。
この人のアルバムを買うのはもう時間の問題。
公式サイト http://ataru-atariya.com/

この舞台での歌唱曲が収録されたアルバム
「ベター・ハーフ」が発売中です。
1.たとえばぼくが死んだら(森田童子)
2.誕生(中島みゆき)
3.愛されたい(中村 中)
4.愛してる(橘いずみ)
5.サン・トワ・マミー(サルヴァトール・アダモ)
*( )はオリジナルアーティスト名
特に1曲目と4曲目は……。
やばみしかない。

片桐さん。
この人の天才的な芝居勘ってなんだろう。
すごくすごく気の毒で報われない役なのに、
「可哀想な人」にならない。
あれだけ踏まれても踏まれても立ち上がってくれたら、
製作側は使いたくなりますわ。

東京公演は7/17(月)までですが、
当日券が若干出てます。
(私も今回は当日券で行きました)
そして名古屋、福岡、大阪公演も予定されてます。

この作品は、ハルカ役だけいろいろ変えて、
後の3人はキープで繰り返し上演してほしいです。
ハルカ役はその時その時の旬の人で見たいので。
わがままですいません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。