FC2ブログ

今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予告。

ブログ、もういいかなー。
今年の紅白について書いたら、それが最後。
スポンサーサイト

THE MANZAI 2012〜年間最強漫才師決定トーナメント!〜

今回の決勝進出者で私が推していたのは、磁石、ハマカーン、NON STYLE。
この中の誰かが優勝してくれたらいいなと思っていた。
そして優勝したのはハマカン(私はこう呼んでます)だった。
嬉しいってよりホッとした気持ちだった。
では、ハマカンは最後にしますが、各グループごとにコメントして参ります。

テンダラー
まず、トップバッターを買って出たのが男前。(この大会は出演順を予選通過順位順に決められる)
ネタが安定していて安心感もあるが、トーナメントで勝ち上がるとなると
ネタ自体に小細工が必要なのかなと思いますね。
彼らは全国区の番組で知名度を上げて、関西で根を張る漫才師となっていただきたい。

ウーマンラッシュアワー
テレビで「バイトリーダー」と「流星聖也」以外のネタをあまり見ない……。
劇場たくさん出てるのに、この二つが彼らのテレビ用の勝負ネタなんだろうか。
あの速さは驚異的だがさすがに見飽きる。新しいネタ見たいな。

オジンオズボーン
あまり東京で見かけないせいか、見る度に手法が変わっている。
篠宮さん、大人しくなったね。
100点満点で70~80点台のネタを必ず見せてくれるが、爆発力が足りないのかな……。
でも以前の突っ走るだけのネタより見やすくなってて、成長を感じました。

トレンディエンジェル■
斎藤さんの掴みネタが変わってからあまり好きじゃなくなってしまった。
須藤さんが「KAT-TUN亀梨君と同じ●●歳でーす」と言った後に
斉藤さんが言う「KAT-TUN亀梨君と同じ人間でーす」がすごく好きだった。
ネタ自体は変に力が入ってなくて見やすいから視聴者にはウケていたようですが、
やはり印象が薄い。
いや、髪の話じゃありませんて。

NON STYLE
予選通過できず。
審査員票が、通過した千鳥の半分だったから、これだけ差があったらしょうがない。
でも、楽しませていただきました。
ネタが走ってしまいそうなところを堪えてボケ続け、
それでも飽きさせないよう波を作っていた技術の高さに感心させられました。
ってか、あれだけ井上さんが嫌われてるのにここまで支持されるって、
本来最強なのでは。
ノンスタのライブは機会が合えば行きたいなあ。

磁石
実は今回イチオシでした。
何かのネタ番組で見て好きになったと思うがきっかけはよく覚えていない。
綺麗な漫才をするコンビと言う印象で、人のコンプレックスを弄るような発言は多いのに
あまり不快を感じさせないと言うのは佐々木君の才能だと思う。
その二人が解散しかけてたなんて知らなかった。危ない危ない。
まだ単独ライブに行けてないんだから知らないところで急に辞めないでねー。
以前、私がとあるフリーペーパーで
お笑いコンビのインタビューコーナーを持たせて貰っていた時に取材候補に挙げたが、
知名度が足りず却下されてしまった。
でも今回をきっかけに彼らに良い環境がもたらされるといいなあ。
今回のネタのバイクで人を撥ねたって設定で、

永沢「丈夫ですか?」
佐々木「“大”を付けろ!」

は上手いと思った。
あと佐々木氏の名言出たね。「ブスは待つ!」後々波紋を呼びそうでちょっとおかしい。
永沢君のオチ前の「はーい、そんな感じでーす」は何で言っちゃった? って感じで
ブロック通過は出来なかったが、
巨人師匠が仰って下さった「磁石君、辞めたらアカン!」には涙が出た。
磁石はすごくバランスのいいコンビだと思う。
十分に頑張ってて辛いことが多いのは分かってはいるけど、
もう少しこの世界にしがみついて貰えたら、ファンとして嬉しい。

千鳥
劇場番長の名に違わず、テレビだと上手く行かないですね……。
2本目のシモンのネタはテレビで数回見ていたので、初見ほど展開に興味が持てなかった。
今回の千鳥には従来のハングリー精神が感じられなくて、
「ピカルの定理」のレギュラーや「アメトーーーク!」もたまに出られるようになったので、
気が緩んでるのかなぁと思ったりした。
今回の敗因は集中力の欠損だったように感じている。

スーパーマラドーナ
決勝まで来るほどになりましたか……。
彼らは一旦解散し、再結成されたコンビで、
最初の頃は「イジメ漫才」と言われるくらい上下関係があって
武智君が説教をしているだけのような乱暴な感じのネタだった。
しかし再結成されてからは田中君のとぼけた感じもネタに織り込まれてマイルドになり、
観客が受け入れやすくなったように思う。
実際賞レースにもよく名前が上がり、新人賞をいくつか獲得した。
この人たちはネタ番組(「はねる」とか「ピカル」的な)に組み込まれると面白いと思うが、
声は掛かっていないのだろうか。

アルコ&ピース
難しいコンビだ。
たけしさんが「誰も気付かなかったところにいった」と言っていたが、
いつもネタの着眼点が良くてハッとさせられる。
かなり好きなのだが、おそらく「ネタをやる」以外のテレビでの使い道がない。
ところで彼らのネタの1本目と2本目を「同じネタでは無理」と言ってる人たちがいるようだが、
全然違うネタやってますからね。
ちゃんと見てから言って頂きたいし、見たうえで言ってるのならば、
申し訳ないが見方が浅いと思う。
「漫才じゃない」とのコメントも多数あったようだが、
お互いがちゃんと「本人」として会話をしているのだから、あれは漫才だろう。
そんなこと言ったらサンドウィッチマンのM-1優勝がはく奪されるよ。

笑い飯
何だろう……。あんまり印象が残ってないんだな……。「すし太郎」の歌うたってたな……。
あの笑い飯が印象に残ってないってことは、結果が出ないのは必然だったのだろう。
我先にボケようって、互いにライバル心をぶつけていたようなイメージがあったが、
今回は大人しく順番待ちしていた感じ。

エルシャラカーニ
ワイルドカード(敗者決定戦)から参戦。
エルシャラカーニかHi‐Hiがこないかなと思っていたらホントに来て、結構驚いた。
でも、披露したネタはイマイチだった……。
別スタジオで発表されてすぐにネタ披露っていう驚きと、緊張もあったのだろうか。
山本さん(タンクトップの人)が絶好調の時はあんなもんじゃないのにな。
オードリーと同じで、ハマったらスゴイことになっただろうに、
小粒に収まってしまって残念。
ただ山本さん、ここ数年で腹が出すぎ。ちょいと引き締めて貰えませんかね。
ちなみにコンビ名の由来はセイワさん(白シャツの人)の姉の夫のエジプト人の名前らしい。

優勝・ハマカーン
彼らは実力があるのに芸能界との歯車が噛み合わなくて、
番組レギュラーがあっても売れないし、苦労して苦悩している姿を見ていたので、
今回の優勝は喜んであげたいですねえ。
ところで神田君のキャラがいつからあんなに柔らかくなっていたのか知らなかった。
ボケとツッコミが入れ替わるスタイルの変更と、
ネタが女子設定なのででわざとやってるのか、根本的な心境の変化があったのか……。
ちょっとこそばゆい感じがした。
以前の喧々囂々やり合うスタイルの印象が強いのでまだ慣れないが、
改めて見直しても面白かったのでそれはそれでいいのだろう。
でも浜谷さん定番の「下衆の極み!」が無理やり入れ込んでて、
それなら入れなくていいのにとは思っちゃいました。
年末年始はハマカンの漫才がたくさん見られると嬉しいな。
おめでとうございました!

<その他>
・優勝発表後、神田君の後ろで同じ顔で号泣してる永沢君の画が微笑ましかった。
・表彰式で久々に港さんが見れた!(分かる人だけ分かって下さい)
・中川家は順位を付ける漫才コンテストには出なくていいと思う。
・副賞の年末ジャンボ宝くじ6000枚が大当たりすると面白いのに。

<総評>
最高顧問・ビートたけしさんが仰った
「順位を付けるのが可哀想だった。優勝は誰でもよかった」にいろいろ考えさせられた。
あの場に立つだけでも本当にすごい事なのに、
視聴者は平気で●●なんて面白くない! などと言う。
あの場に立つ人でお笑いに真剣でない人は誰一人としていない。
真剣だからこそ負けると本当に悔しい。

ナンバーワンを決めることもテレビ的には必要な集客行事だが、
認定漫才師を50組選ぶのならば、
年末年始にその50組全てのネタを見せるような番組でもやってくれないだろうか。
ただ認定するだけじゃなく、特典をあげてもいいでしょう。
決勝に出られなかった人たちの努力も報われていいと思う。

準備中……。

ただ今、先日行われた「THE MANZAI」について書いてます。
さらっと書いてさっさと載せようと思いましたが、
お笑いが絡むとやっぱりさらっとは書けませなんだ。
タイムリーじゃなくなって申し訳ないですが、
もう少しお待ちください。

結果のことだけ言うと、
ハマカーンはずっと好きで、
今回2推しだったので嬉しかったですねえ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。