FC2ブログ

今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/31 第62回NHK紅白歌合戦⑫

■総合■
そうですか、勝利はそっちですか……(終わったばかりなので一応伏せます)。
アーティスト的な話題性や司会の影響も考えると妥当ですかね。

今年の紅白を見ていて感じたのは、「勝負感」がないなあと。
紅組のパフォーマンス時に白組がバックで出るなど、お互いを称えあいながら、
「みんなで協力しよう」って強いメッセージ性が感じ取れた。

だから司会陣もいつもならありがちな「今年は紅が勝ちますよ」
「何言ってんです、我ら白組ですよ」みたいなのはナシでした。
そんな小芝居が面白かったりもするのですが、その分、
アーティストの方々の歌に対する思い入れの深さが際立っていたように思いました。

歌に慰められるって、あるよなあ。
ともあれ、アーティストの皆様、お疲れさまでした。

さて、これからジャニーズカウントダウンで年越ししまーす。

今年もお世話になりましたー。
スポンサーサイト

12/31 第62回NHK紅白歌合戦⑪

●氷川きよし「情熱のマリアッチ」
歌の迫力もさることながら、この方のパフォーマンスは毎年独特で、目が離せません。
メキシカンな衣裳に身を包み、フラメンコダンサーに囲まれての熱唱。
しかもサビ前にウインクが!
アドリブかと思ったが、リピート部分でもやってたので、「振付け」なのかな?
演歌でウインクって、あまりないでしょー。

曲に合わせておばさま方からの「きよしコール」も起こっていて、
この年の瀬に、ちゃんと団体で観覧しとるのだなあと感心してしまった。
いやはや、どこまで行くのか、きよしサマよ。
情熱のマリアッチ/浮雲道中(Aタイプ)情熱のマリアッチ/浮雲道中(Aタイプ)
(2011/09/21)
氷川きよし

商品詳細を見る

12/31 第62回NHK紅白歌合戦⑩

●嵐「2011紅白スペシャルメドレー」
迷宮ラブソング~果てない空

二宮さんがいつになくノリノリでした。
どこでテンションがあがったのだ?
あ、櫻井さんの顔のコンディションが抜群でしたね。
どっから見ても美人だった。すごい。
ちょいと物足りなかったのが、大野さんのソロがなかった……。
そうそう期待しちゃいかんのかしらね。
でもダンスはご機嫌でやってた様子。

曲間の、映像とダンスのコラボがカッチョ良くて引きの画が見応えあったから、
その辺りを重点的にリピートしようと思います(笑)

12/31 第62回NHK紅白歌合戦⑨

●小林幸子「おんなの酒場」
幸子さん健在!!
全身ゴールド(メット付き)の衣裳で巨大獅子舞に食われたあと、
獅子舞の頭から出てきたー!!

ここのところ自粛モードで遠慮気味でしたが、いやー、
やっぱりこれがなくっちゃって思いますよ。

おそらく、今年は不具合もなかった様子。
よかよか。

12/31 第62回NHK紅白歌合戦⑧

●東方神起「Why?(Keep Your Head Down)」
この曲はドラマの主題歌になっていてとても好きだった。
何度聴いてもカッコいいし、
今日のパフォーマンスは一段と力が入ってて見応えありましたな。

彼らは3人が抜けて2人での活動となりましたが、
ダンスの上手い人と歌の上手い人が残ったんですね。
互いに補えるのは良いね。

Why? (Keep Your Head Down) (ジャケットB)Why? (Keep Your Head Down) (ジャケットB)
(2011/01/26)
東方神起

商品詳細を見る

12/31 第62回NHK紅白歌合戦⑦

●少女時代「GENIE」
脚が……、長ぇ……。
いっつももっとクールでキリッとした印象があったが、今日は何だか可愛らしい。
あんなに笑う子たちでしたっけ?

12/31 第62回NHK紅白歌合戦⑥

●Perfume「レーザービーム」
この曲可愛いですよねー。
イントロとかカッコいいのに、歌詞の内容は野球少年に恋した女の子の心の内で、
メロディとのギャップに最初は驚いた。

去年に続き、衣裳はイマイチ。
スタイリストさん、頑張ってー。
普段よりいい生地使ってるのは分かるんですけどね。

レーザービーム/微かなカオリ(通常盤)レーザービーム/微かなカオリ(通常盤)
(2011/05/18)
Perfume

商品詳細を見る


★Web拍手★
ピンポイントでの拍手、ありがとうございます!(笑)
アイドル好きとしましては、Purfumeは外せないですよね☆
以前ほどTV出演はなくなっていますが、
パフォーマンスレベルは高いので、保存必至です☆

12/31 第62回NHK紅白歌合戦⑤

●KARA「KARA 2011スペシャルメドレー」
ジェットコースターラブ~ミスター~

あ、2曲ですか。
もうちょっと聴きたかったなあ。
キュート⇒セクシーな衣裳チェンジで、真っ赤なのも印象的で可愛らしかったです。
KARAは割と好き。見分けつくし。
9人グループの方々は誰が誰やら……。

12/31 第62回NHK紅白歌合戦④

●猪苗代湖ズ「I love you & I need you ふくしま」
福島出身の4人、松田晋二(THE BACK HORN)、山口隆(サンボマスター)、
渡辺俊美(TOKYO NO.1 SOUL SET)箭内道彦(風とロック)で結成されたバンド。

「福島が好き」と繰り返しの多い単純な歌詞なのだが、
山口さんの歌い方は、懸命さが伝わってきますねぇ。
箭内さんがうさん臭くて苦手なのでどうかなと思っていたが、この曲も保存しましょう。
I love you & I need you ふくしまI love you & I need you ふくしま
(2011)
猪苗代湖ズ

商品詳細を見る

12/31 第62回NHK紅白歌合戦③

●川中美幸「二輪草」
バックがパパイヤ鈴木とオヤジダンサーズ&AKBって。
どないやねん。
いや、(AKBが)可愛いけどさ。

12/31 第62回NHK紅白歌合戦②

●AKB48「紅白スペシャルMIX~がんばろう日本!」
風は吹いている~フライングゲット~Everyday、カチューシャのメドレー。

相変わらずの人海戦術で、今年は200名超え。
総選挙で「神7」から板野嬢が外れたため、
前線には8人並ぶシステムが執られているのが、ちょっと納得いかない。
これまでは8位の人は除外だったのに。

メインメンバーにSKEやNMBのセンター陣がいて、
AKBの中堅よりポジションが良かったのがちょっと驚いた。
下剋上……。

「風は吹いている」は聴けば聴くほど味のでる曲だなあ。
PVの髪型はいかがかと思うが。

風は吹いている (劇場盤)風は吹いている (劇場盤)
(2011)
AKB48

商品詳細を見る

12/31 第62回NHK紅白歌合戦①

わー、始まっちゃったよー。今年は、見て、即書き込んで行こうと思います♪

●flumpool「証(あかし)」
この曲は、震災後、特に注目されたそうですね。
振り絞って歌う姿は誠実で好印象でした。
保存して、後でもう一度歌詞をしっかり見たい。
証
(2011/09/07)
flumpool

商品詳細を見る

12/30 日本№1の頭脳王!大決定戦!!

東大・京大・全国模試1位・数学オリンピック金メダルなど、
さまざまなジャンルの“天才”を競わせ、日本一頭の良い人を決めようという、
かなり高度なクイズ番組。
だって答え聞いても全然分からないもの(笑)
これはもう、小気味よく答えていく天才たちを見て楽しむというバラエティ番組ですな。

芸能界代表の宇治原くんも結構食い下がっていて、凄かったです。
優勝は東大の学生さんで、私が応援してた人は2位と5位だった……。
ううむ、それにしても、理系の男はカッコいいのう。

12/30 アメトーーーーークSP

この1年の番組を振り返り、「第4回アメトーク大賞」が決定する。
それにしても「運動神経悪い芸人」と「絵心ない芸人」はスベり知らずですなあー。
何故そんな投げ方? 跳び方? 泳ぎ方? って
いちいち目を見張る動きで圧倒されたし、
徳井君の描くゴリラはタイツを穿いていて、(本人は断固否定)、
蛍ちゃんの描いたカップルは額に目が付いてた……。
恐ぇ、恐ぇよ!

中でも「ヒザ神(ひざしん)」こと、フルポン村上氏は群を抜いてました。
ええ、そこには確かに神が存在しましたよ。
腹よじれました。
来年も独自の視点を持った企画で笑わせていただきたいです。

ちなみに大賞は「(観覧に来ていた)なでしこジャパン」でした。
そのオチは弱かったねぇ。

運動神経悪い芸人 収録
アメトーーク!DVD14アメトーーク!DVD14
(2011/03/30)
雨上がり決死隊 ほか

商品詳細を見る

運動神経悪い芸人ゴールデン 収録
アメトーーク!DVD17アメトーーク!DVD17
(2011/09/28)
雨上がり決死隊

商品詳細を見る

絵心ない芸人 収録
アメトーーク!DVD18アメトーーク!DVD18
(2011/09/28)
雨上がり決死隊

商品詳細を見る

12/12 8人の女たち

テアトル銀座にて公演中。
加賀まり子、大地真央、浅野温子、荻野目慶子、戸田恵子、
牧瀬里穂、マイコ、南沢奈央という、恐れ多くなってしまうメンバーが揃い踏み。
一人の男性・マルセルを巡って、妻や愛人や娘、使用人など、
マルセルと様々な関係にある女性たちがしのぎを削る。

浅野温子はマルセルの妹。
奔放で勝気な女性をヴィヴィットに演じていた。

荻野目慶子は15年勤めあげた使用人。
彼女の朗らかさは、そこにいるだけで場の空気を明るくしてくれた。

大地さんは贅沢の好きな本妻。
優雅に知的に振る舞っている彼女が、後半は壊れ気味になって
浅野さんとケンカになる場面は互いに真剣なだけに笑えた。

加賀さんは老女の役でこれまでのようなキレはあまり感じられなかったが、
その場に加賀さんがいるという圧倒的な存在感を持っていらっしゃった。

戸田さんは、大地さんの妹役。
地味で神経質でヒステリー気味だが、
密かに姉の旦那を慕っている乙女な部分を持つという、クセのある役。
しかしこの人がスパイスとなり随所に活きていて、
本当に芝居の上手い女優さんだと再認識できた。

牧瀬嬢はクールな新人メイド。
だけど実は男の愛人。最近こういうはすっぱな役が増えたような……。
セリフの抑揚があまりなくてお人形さんのような美人さんなので、
クールに仕立てるのが一番サマになるんでしょうか。

マイコは男の長女。
ちょいと訳ありで、終盤この人には大変驚かされた。オイシイ役貰ったなあ。

南沢嬢は、ちょっと反抗期の次女。
個性はあるんだけど、後半まくしたてるシーンで
何言ってるかあまり聞き取れなかったよ……。勿体ない。
でも彼女は、このメンツに囲まれて堂々と演じられることがまずスゴイのかもしれない。

東京公演が終わったら、続いて大阪、名古屋と回るらしい。
これだけのメンバーが揃う舞台はなかなかないので、機会が会う方はお出かけ下さいませ。
そして、「劇場まで行く時間がないよ~」って方に朗報!
WOWOWでの放送が予定されているようです。(詳細はこちらをご確認ください)

【放送情報】
ガールズ★クリスマス「生中継!8人の女たち huit femmes」
12月23日(金・祝)午後5:30~午後9:00  WOWOWライブで生中継!

★こてん嬢★
ほほほ。
行ったのですよん♪
いやー、観られてよかったと、本当に思った舞台でした(^O^)

12/8 上からマリコ

12/7に発売された、AKB48・24枚目のシングル。
じゃんけん選抜で勝ち抜いたメンバーが歌っており、センターは優勝者の篠田麻里子だ。
まあ覚悟はしていたが、絵ヅラが地味……。
じゃんけん選抜のメンバーって普段は前に出られない、
またはテレビに殆ど映らない子が多いから、張り切ってしまうのは分かりますが、
全体的にカメラアピール激しいのが見ててちょっとキツイ……。

それに、曲もいつもよりテキトー感が漂ってないですか? 秋本先生!
失礼ながら、こういうメンバーでの楽曲を見ると、普段の選抜メンバーが
いかに「選ばれた人の集まり」であるかが分かりますね。
(外見云々もあるが、心意気・覚悟の違いがひと目見て分かる)

それなのに肝心のセンターの篠田はいつも通り控えめで、ダンスもあまり弾けてない。
彼女に限っては、「この曲は私がメインよ!」って、
ここぞとばかりに振り切って踊って貰った方がいいと思うのですが。
今回センターポジションの篠田を見て、
やっぱりセンターじゃないんだよなぁと思っちゃいましたね。
あっちゃんか大島が真ん中にいるのが、一番いい形かなぁ。
イチオシは小嶋、ニオシは峰岸ですけど(笑)。

3Type中、このジャケットが一番好き。
上からマリコ【多売特典生写真付き】【初回製造分のみ生写真1種封入】(Type-K)上からマリコ【多売特典生写真付き】【初回製造分のみ生写真1種封入】(Type-K)
(2011/12/07)
AKB48

商品詳細を見る

12/7 FNS歌謡祭

今年は徹底的にコラボ押しで、「ここでしか見られませんよ!」って
特別感を出そうと懸命なのはよく分かった。
でも結局、コラボよりその歌手が単体で歌った楽曲の方が面白かったな……。

①SPEED×AKB48
上下関係バリバリでAKBが気を遣いまくってて、見てて痛々しかった。
(SPEEDさんのプライドの高さに苦笑い)

②徳永英明と貴乃花親方の「輝きながら…」は既に歌手じゃないんですけど。
カラオケ大会になっちゃってますけど!

③T.M.Revolution×浅倉大介は、知名度のない劇団さんをバックダンサーに持ち歌3曲。
え、ナニ、この好待遇。

そしてネットで炎上してたのが
④「嵐の機材トラブル」。
「迷宮ラブソング」の音声が酷いとフジテレビに苦情がたくさん来たそうな。
みんな強気だなあ。
確かにあの日のあの歌は本当に酷くて私もガッカリだったが、
単純に「櫻井さんのマイクがデカいんだな……」と納得してしまった。
櫻井さん、すまぬ。
あんまりだったので嵐の部分は保存しなかった(聞かなかったことにしたかった)から、
もう見られないなぁ。

FNS歌謡祭は音楽の祭典として歴史が深く、歌手のラインナップも豪華なのだから、
あまり無理な企画に走って「その場しのぎ感」が出るよりも、丁寧な構成を希望します。

あと、放送後、番組サイトに「視聴率19.9%達成!」とか書くな。カッコ悪い。
それは局員が知っていればいい話。

12/6 立川談志という人

書いては消し、書いては消していたら、師匠が亡くなってもう二週間が経とうとしている。
一応覚悟はしていたので、ショックは少なく済みましたが、
師匠が本当にもういなくなってしまったんだなあと思うと、
やはり気持ちがしぼみます。

若い頃は傍若無人な点が取り沙汰され、変わり者としての印象が強い方でしたが、
師匠と一度でも会ったことのある方は、そのチャーミングさに魅了されたことだろう。
特に私は晩年しかお会いしたことがないので、芸に対しては他人にはもちろん己にも常に厳しく、
それ以外では冗談ばっかり言ってて、どこまで本気にしていいのか分からないような、
おちゃめな面が思い出されます。

最後は腫瘍の摘出手術で声が出なくなり、筆談だったとか。
どれほど無念だったかと思うと心が痛みます。
しかし、師匠が既に高座を務め上げるのが難しかったのも事実。
生前、師匠がこれだけはやり遂げたいと切望していた
CD『談志百席』の収録が全て終わっていたことを、本当に嬉しく思います。
落語の上手い、若い世代も今となっては多数出てきているが、
人間まるごとがあんなに魅力を持っている人物が、立川談志の後に出てくるだろうか。

ともあれ、今年1月、新宿・紀伊國屋ホールでの公演を観に行けて良かった。
ちなみに私の一番のおススメは、『粗忽長屋』である。

(おススメCDを紹介したかったのですが、何せ出てる作品集が多すぎる……。
私は買う前に、まずTSUTAYAや図書館で物色しております)

12/1 VS嵐

嵐チームと相手方チームがゲームで得点を競い合う、TBSの「T●PⅡ」のような番組。
今週は映画「怪物くん」チーム
(大野智、松岡昌宏、川島海荷、濱田龍臣、半海一晃、上島竜平)が相手だ。
これまで他の嵐メンバーが敵として参戦することはよくあったが、
おーちゃんは初めてじゃないだろうか?

結果は怪物くんチームの圧勝だった。
いやあ、普段どれほどおーちゃんが嵐チームに貢献してるかってことですよ!
これまでも身体能力は抜群で卒のない人だと思っていたが、
別チームになったことでそれを目の当たりにして、しかも最後にメンバー(松潤だっけ?)から
「やっぱりリーダーってちゃんと点数獲るよね」と言われ、高笑いしそうになりました。
すいません、大野ファンはテレビではあまり報われないので……。

しかーし、あれだけ活躍したにも関わらず、
最後には「MDA(MostDameArashi)」として奈落に落とされた……。
なんでやねん。

★Web拍手★
拍手ありがとうございました☆
「VS嵐」はゲームが良く出来てるので、ファンじゃなくても見ていて楽しめますよね。
それにしても他のゲームは嵐がさすがに強いのに、
「キッキングスナイパー」(ボールを蹴ってターゲットを倒すと得点になる)だけは
嵐全員が不器用で歯痒い。
足はなかなか器用になれんのですなぁ。

11/19 モテキ(劇場版)

観て参りました。
テレ東のB級ドラマをよくもあんなにドラマチックに仕上げたものです。
主演である幸生役・森山未來の力量もさることながら、女優陣が!
長澤まさみ、麻生久美子、真木よう子、仲里依紗って、揃い踏みですからね。
9月に始まった上映がロングランしているのも頷けるクオリティの高さでございましたよ。

特に前半のテンションが高く、1時間は一気に見てしまえる感じ。
恋愛問題が生じる後半は、ちょっとだるさもありましたが……。
しかし森山ファンは彼の能力を存分に味わえるので満足度は高いだろうし、
長澤まさみもホントに可愛いです。
好き嫌いとかじゃなく、とにかく可愛いのですよ。
だってツイッターだけで会話してて趣味も合って、
男性だと思っていた相手と会ってみてあんなに可愛い女性が現れたら、
誰でもビックリでしょう。

とにかくこの映画は、扱っている内容がどこかしら自分の青春を思わせたりして、
誰もが身に覚えがある日常が描かれている。
まあ、主にネガティブ系なので、
晴れやかな青春を過ごした方にはもどかしいかと思いますが、
気ままでない、苦い青春を送られた方には胸に刺さるものがある映画ではないでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。