FC2ブログ

今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公演のお知らせです☆

10月に上演される、朗読公演の脚本を担当しましたー。
長短織り混ぜて6本が上演されます


TACCS1179ぷれぜんつ 読みま専科vol.4
FLAGS 『恋愛主義』

◆脚  本◆坂本みゆ

◆演  出◆青木淳高

◆キャスト◆
江越彬紀(俳協)
小澤千里(三木プロモーション)
桐山菜穂
木戸由香里
久保木優穂
西澤正人
西川ゆき依(スターダス21)
深田愛衣(ぷろだくしょんバオバブ)
真鍋誉史
松岡さとみ

◆日  時◆
10月7日(金)…開場19:00 開演19:30~
  8日(土)…開場14:00 開演14:30~
      開場18:00 開演18:30~

◆チケット料金◆
前売:1800円
当日:2000円
※全席自由

◆場  所◆
TACCS1179(西武新宿線下落合駅下車徒歩1分)
taccs
++++++++++++++++++++++++++++++++
公演は2日間ですが、私が劇場に行くのは8日のみです。

チケットのお申し込みの際は、
☆お名前
☆希望日時
☆人数
を明記のうえ、
sakamo10miyu★hotmail.com(★を@に変えてください)
までご連絡下さい。

若手俳優・声優のチャレンジ精神が形になった舞台です。
これまで舞台化されていなかった旧作や、新作も書き下ろしましたので、
お時間ございましたらお出かけ下さいませー。

★成瀬葉さま★
拍手ありがとうございます!
告知が急で、こちらこそ失礼しました。
またどこかで見ていただけるよう、活動を増やしたいものです(笑)
スポンサーサイト

9/23 キングオブコント2011・予想

M-1に比べてイマイチパッとしないKOCが第4回目を迎える。
ファイナリスト8組は以下の通り。

トップリード /TKO/ロバート/ラブレターズ/2700
モンスターエンジン/鬼ヶ島/インパルス
(ネタ順)

もう本番約1時間前なので、軽め予想。

●トップリード⇒ここ一番の強さは抜きん出ていて、客の巻き込み方も上手い。本命その1。
●TKO⇒ここ数年、木本さんのツッコミと木下さんのキャラの狙いが
 どうも噛み合ってない気がしてしまう。
●ロバート⇒優勝してもおかしくない実力は十分。秋山さんが狙いすぎず、
 全体のバランスが整ったら爆発するかも?
●ラブレターズ⇒申し訳ないが存じ上げません。すごく面白かったら正直にそう言いたい。
●2700⇒彼らもハマりだすと笑いが増殖するタイプ。本命その2。
●モンスターエンジン⇒好きなんだけどなー。彼らは賞レースが絡むと緊張しすぎる。
 優勝するかもって夢をひとまず忘れた方がいい結果が出るのでは。
●鬼ヶ島⇒野田君と観客の化学反応がどう起こるかによって結果が変わるだろうが、
 おそらく優勝はないかと。
●インパルス⇒ファイナリストの中では一番好きだが、
 バラエティ慣れしすぎた板倉さんのエッジが近頃鈍っているので、優勝はどうかな。

てな訳で、予想としてはトップリードか2700。
どっちもそんなに好きじゃないんだよな……。複雑な気分だ。

今夜はお家にいられるので、リアルタイムで見ちゃえるぜ♪

★コメントの方へ★
コメントは拝見しましたが、表現の都合上、削除させていただきました。
あなたのご意見は、あなたの意志によって決まることはないでしょう。
ご来訪いただきありがとうございました。

9/21 ジャニー喜多川氏、ギネス認定

ジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川氏が、
2011年ギネス・ワールド・レコーズ「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」と
「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」として認定された。

ジャニーズは事務所の方針により、音楽や舞台に関する賞レースを軒並み辞退しているので、
演出家としての喜多川氏にスポットが当たることは殆どない。
(おぼろげな記憶では、喜多川氏自身、舞台演出の賞を辞退されたことがあったような)
だが、私は喜多川氏の遊び心があって奥深い演出がとても好きだ。
ブロードウェイミュージカルの影響を多く受けての手法は海外公演も視野に置いていて、
1時間強の舞台を最小限のナレーションで作り、セリフがほぼなかったこともある。
間違いなく、氏は日本の演出家でもトップクラスと言って過言ではない。
(かの蜷川幸雄氏も、過去にジャニーズの舞台演出を担当したことによりステップアップした)

ここのところ喜多川氏自身がメディアに出る機会が多いが、こういう話題は大歓迎だ。
最近、嵐のコンサートは松潤が演出を担当しているが、またジャニーさんがやってくれないかな。

9/20 第2回AKBじゃんけん大会

篠田嬢、持ってますなぁ。
そして彼女の優勝を悪く言う人があまりにいないことに驚く。
私は常々、AKBの中で誰が「渡辺満里奈」(人に嫌われず、大物に可愛がられ、
卒業後も番組アシスタントなど、いろいろ仕事の来る人)になるのだろうと探していたが、
そうか、篠田か……。
昨年はまだそんな風に思えなかったので、この1年で成長したんですねー。
(AKBの番組以外で篠田を見たことがない)

あまりの結果に出来レースを疑う声もあるようだが、
買収しなきゃいけない人数(総勢71名)が多い割にバレるリスクが高そうだし、
このイベントに関連した収入がそんなに大きい訳でもないので、
総合的に八百長するメリットが低いと思う。

私的に、こじはる、峰岸、篠田と私の推しメンが3人とも入ってくれたので、ウハウハだ。
結果を知ったときにはガッツポーズしちゃったよ。
でも、センター篠田か……。
ボロが出ない楽曲をお願いしますよ、秋元先生!

9/17 めちゃ×2イケてるッ!

AKB以外だらけのアイドル大運動会。

参加チームはSDN48、恵比寿マスカッツ、スマイレージ、SUPER☆GiRLS、
ぱすぽ☆、Berryz工房、アイドリング!!!、中野風女シスターズ。
(優勝はSDNでした)

マスカッツ嬢たちは(団体としては)初めて見たが、なるほど、実用的だ。
SDNの野呂さんが好きだが、どうしてそんなに膨らんでしまったの……。
野呂さんのあのキャラは、細くなくちゃダメだよー。
(結構本気で)痩せていただきたい。

局入りのアイドルたちのすっぴんを狙うというのはめちゃイケならではの度胸だが、
マジで映さないであげて欲しい人がいっぱいいた。
化粧ってすごいな。

わーん。

ここ数日忙しくしてまして、月末まではあまりちゃんと更新できなさそうです。
録画も溜めてて、見れてない番組がたくさん……。

なので短いコメントだけ、入れさせていただきます。
番組についてはあまり説明しないので不親切ですがすいませんー。

9/10-11 砂の器

本来、3月に放送される筈だったが、震災と重なって延期されていた作品。
お蔵になるのかと心配したが、ようやく陽の目をみてホッとした。

ただ、この小説は過去に何度もドラマ化されていて、2004年には連ドラ化もされたので、
そちらと比べると物語の厚みに差があったなぁ。

蔵之介氏演じるの和賀(殺人犯)の苦悩や悔恨、
そして玉木君演じる吉村刑事が解決に辿り着くまでの緊迫感など、もっとたっぷり見たかった。
あれだけのメンツを揃えて2夜連続では、まだまだ物足りない。
こっちも連ドラで見たかったよー。

……と、思えるくらい、役者さんの入りこみようが現れた作品だった。
ホント、短かったのだけが残念だ。

9/5 藤子・F・不二雄ミュージアム②

3階は、カフェと原っぱ。
キャラクターにちなんだメニューが人気で、さすがの人だかりが出来ている。
順番待ちの用紙(ファミレスみたいなの)に名前を書いて、先に原っぱを見に行った。
(待ち人数が増えすぎると記入を締め切られます。お気をつけて)

ドラえもんの「空き地」が再現されたスペースには土管とドラえもん。
土管は中に入れるし、上にも上れる。
一番上に立つと、リサイタルをしたくなるジャイアンの気持ちが分かったり。
確かにあの解放感は歌いたくなりますわ。
空き地

他にも草原で寝ころぶパーマン1号・2号や、壁から飛び出るQ太郎とO次郎。
パーマンはお客さんが入れない場所にいるのであまり近づけないが、
Qちゃんとは一緒に写真が撮れるので、ちょっとした行列になっていた。

奥に進むと、池にはピー助、ドラえもん、のび太の姿が。
何故か池が煙っている……。この煙の役割は謎。
シアター
近くには原寸大どこでもドアもありますよー。
どこでも!
実は森の中にもキャラクターが隠れてるので、お見逃しなく。
くろべえ。

メディアでも話題の「きこりの泉」は、2階。
油断してると展示に見入って、見逃します。
「きれいなジャイアン」は、レバーを何回もポンピングしないとお目にかかれず、
手を休めると瞬く間に沈んでしまう、なかなかSっ気のある作り。
挑戦者たちは本気で息切れしてました。
きれいな……。

カフェ待ちの間、ミュージアムショップへ。
ここでしか手に入らない商品が目白押し。
ぬいぐるみやフィギュアはもちろん、ポストカードやピンズ。
コミックスやDVD、ゲームソフトもありましたな。
久しぶりに散財しましたー。

さて、買い物が終わってもカフェの順番が来ないので、漫画コーナーへ。
たくさんあって迷ったが、「パーマン8巻」にしてみた。
ドラえもんは割と記憶にあるが、パーマンのエピソードって案外覚えていないのだ。
久し振りに読んでみると、アニメと違って漫画は結構シニカル。
アニメって、相当子供向けに直されてたんだな……。
私は漫画の方が好きだ。
だってパー子さんてば、カッコつけてる男の人に引き気味で「気持ち悪い」とか言うんですもの。
あなたそんなハッキリ……。
とかく、パー子さんは男前なシーンが多かった。

ようやくカフェに入れたのが閉館時間の18時を回った頃。
(用紙に名前を書いた人は全員入れるよう、延長営業して下さった)
しかし時間が時間なので、フードメニューは諦めて、ドリンクのみ注文。
やはり「ドララテ」を目にしなくては帰れません。
フレーバーによって絵が決まっているらしく、
ノンシュガー→ドラ氏。
ドラ氏。
キャラメル→コロ助であることが判明。
なりー。
他はどんなキャラクターがいるんだろう?
5種類制覇しないと分かりませんー。
(ネットで調べりゃ分かるだろうけど、それはつまらんのでやらない)
何気にウソ800(エイトオーオー)も気になるところ。
めにゅー

そんなこんなで、12時に入場して、ミュージアムを出たのは18時半。(本来は18時閉館です)
カフェの待ち時間はさすがに長いなぁと思いましたが、充実した1日でしたとさ。
また行きたいですのう。

9/5 藤子・F・不二雄ミュージアム①

9/3にオープンした、藤子・F・不二雄ミュージアムに、5日の月曜日に行ってきた。

場所は川崎市多摩区で、最寄駅は小田急線・南武線の登戸(シャトルバスで約10分)
または向ヶ丘遊園(徒歩約15分)である。
シャトルバスは4台あり、F氏のキャラクター仕様というので、登戸から向かうことに。
行きはキテレツ大百科バージョン、帰りはパーマンバージョンだった♪
降車ボタン♪
降車
つり革もパーマン仕様
つり革


入口ー。帰りに撮影したので周りが暗い。
入口
ミュージアムは3階建て。
1階のエントランスに入るとまず受付カウンターでもしもし電話(音声ガイド)と
シアターの切符(失くさないように!)を貰う。
真っ白な壁にはお馴染みのキャラクターが散りばめられていて、笑顔でお出迎え。
更にわくわく感が煽られる。

そこから展示室に進むと、F氏の軌跡や作品の成り立ち、
更に実際に使っていた道具など、宝の山に出会えた。
F氏の仕事場も忠実に再現されていて、
おもちゃ箱のような氏の頭の中を少し覗かせて貰った気分になれる。(1階は撮影不可)
音声ガイドを聞きながら行くと、1階だけで2時間くらいは必要。
初めて行くときは十分に楽しめるよう、チケットは10時か12時入場で取るのがおススメだ。
(14時、16時入場もある)

2階も一部は展示室だが、主に遊びのスペース。
キャラクターが描かれたおもちゃで遊んだり、オリジナルショートムービーが見られるシアター、
キッズルーム(入室は未就学児まで)があった。
キッズルームには入れませんでしたー。(そりゃそうだ)

シアターで上映されるのは、ドラえもんとパーマンのスペシャルコラボ。
20分くらいだっただろうか。
でも、ドラえもんの声優さんが新バージョンなので、親世代には少々違和感……。
これは仕方がないですな。
検札バサミの形にもひと工夫アリ♪
きっぷ

そしてこの階には、F氏の作品が読み放題のまんがコーナーも設置されている。
ドラえもん、パーマン、キテレツ大百科の他、展示室で初めて知った初期の作品も。
なんて太っ腹な……。
ドラ氏の座ってる棚にはマンガがぎっしり☆
マンガ場

ここで捕まるとしばらく動けなくなるので、先に3階へGO!
(②へ続く)

9/3 映画「モテキ」PR

漫画は(漫喫で読んで)好きだったので、ドラマも見ていた。
しかしさすがに映画まではなあ……。
と思いながら㏚番組を見たら、うわあどうしよう。
映画、見たくなっちゃったよー。

だって森山未來が役の「藤本幸世」として、恋の喜びをミュージカル風に踊るシーンがあるんですよ!
しかも、Parfumeと共演で、ダンスも本気ですよ!
(彼の両親はダンススタジオを経営していて、彼自身、5歳から現在までダンスを続けている)
PRでちらっと見せてくれたが、森山君が、
インド映画のように映画のさなかで通行人を巻き込んで三茶で踊るのだ。
踊る森山は見てみて損なし。
そして何といっても脚本・監督を務める大根仁氏の青春ソングのセレクトもいつも絶妙。

す、水曜なら1000円だしー、とか言って、見に行ってしまいそう。

あ、4.5巻はまだ読んでなかった……。
モテキ 1-4.5巻コミックセット (イブニングKC)モテキ 1-4.5巻コミックセット (イブニングKC)
(2010/10/29)
久保 ミツロウ

商品詳細を見る

8/25~ アンフェア(再放送)

06年に放送された篠原涼子主演の大ヒットドラマが再放送中である。
破天荒な雪平刑事(篠原)を通して警察内部や社会の闇を描き、人気を博した作品だ。

同年10月にSPドラマ、
翌07年3月に劇場版パート1が公開され、
今年の9/17に劇場版パート2『アンフェア the answer』が公開予定。
9/23には、映画パート1と2を繋ぐ役割の、SPドラマが放送される。
また、劇場版パート1が公開日の9/17にTV放送されるらしい。
至れり尽くせりですな。
まあ、それくらいやっていただかないと、細かくは覚えてないからね……。

このドラマは好きだったのでSPは見たし、映画も劇場で観た。
しかし、終わらんのだ……。
誰が犯人でも大丈夫なくらいみんなを怪しくして、
それでいて劇場版で「続く」とされたので、当時、ネット評も荒れたらしい。
今回の映画で全部終わらせてくれるかな。
物語を始めるのは簡単ですが、どう終わらせるかが作った側の責務であり、力量ですからね。

このドラマで好きだったのは、毎回冒頭で

世の中にはフェアなことなど何もない。
目には目を。
復讐には復讐を。
アンフェアには、アンフェアを。


というナレーションが入り、毎回別の役者さんが語るのが粋で、とても楽しみだった。
再放送のこの機会に、ナレーション部分だけを編集して保存しておこうと思っている。

パート2公開に先駆け、映画の番宣番組を予定しているようだが(9/17午前)
私は今でもパート1の番宣番組には多少の憤りを覚えている。
番宣を見た時点で、犯人が分かってしまう部分が使われていたのだ。
それはダメじゃん!(そしてやっぱり予想通りの人が犯人だった)
今回はくれぐれも、核心には触れないよう、上手く作っていただきたい。

ドラマシリーズが一番面白かったよねー。
  とか、身も蓋もないことを言ってみたり。
アンフェア DVD-BOXアンフェア DVD-BOX
(2006/06/07)
篠原涼子、瑛太 他

商品詳細を見る

8/30 荒川アンダーザブリッジ

「ヤングガンガン」で連載中、中村光著の人気漫画が原作で、
昨年アニメ放送され、今年はドラマ化。
来春、劇場版も予定されているそうだ。
原作をちゃんと読んだことはないのだが(アニメは見てた)、多分、
原作が一番面白いんじゃないだろうかと思わせるような空気感の作品。

シュールコメディは、演じる側は楽しくやれるのだが、見ている側に伝えるのが非常に難しい。
現在テレ東で放送している「勇者ヨシヒコと魔王の城」が、一部でかなり人気が高く、
評価も上がっているが、この二作品、やっていることは似ているのに、
上手く行ったのが「勇者ヨシヒコ~」、今一つハマってないのが「荒川~」といった印象だ。
「荒川~」はやっぱり主演の力不足が気になってしまう。

リク(林遣都)は立てるべき言葉が立ってないので笑どころを逃しているし、
ニノ(桐谷美玲)は「おとぼけニノさん」なところがリクとの対比でいいのに、
表情がありすぎる……。
本来は2人のシーンでほのぼのしたいのに、出来ないのですな。
桐谷嬢は好きなのに、この作品においては残念である。

村長(小栗旬)と星(山田孝之)は、期待以上にイケてて良いですね。
そして案外、P子(安倍なつみ)が可愛い。
なっち……、イタイ人の役が似合うんだ……。
あいたたた。
小栗さんの村長は見ていて大変楽しいのだが、さすがに映画まではいけないかなというのが本音。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。