FC2ブログ

今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/20 鈴木先生

地味だが生徒から人気の高い中学教師・鈴木先生(長谷川博己)の奮闘を描いたドラマ。
生徒相手に妄想することもあるが、親身になってくれる先生と不動の人気を築き、
順風満帆な日々を送っていた鈴木先生。
諸々の誤解が解けて真面目に麻美(臼田あさ美)と付き合うことにもなったが、
夏休みの始まりに、麻美の妊娠が発覚。
しかもそれを生徒に知られてしまう!
二人は結婚を誓い合うが、学校側は「デキ婚」であることを新学期まで隠し通し、
当たり障りなく生徒に報告する予定に。
しかし、鈴木先生を良く思わない同僚・足子先生(たるこ/富田靖子)が生徒にリークし、
登校日にクラスで「鈴木裁判」を行うことになった。
鈴木先生最後の授業の行く末は……?

テレ東のドラマが案外面白いことになっている。
初回は、ドラマにもかかわらず、絶えず流れる字幕がクドくてげんなりしたが、
最近はかなり減って見やすくなった。(視聴者の声?)
内容も主に中学生の性問題が赤裸々に描かれていて、
「こーわー(怖)!」と、フィクション気分で楽しめるのですが、
業界関係者からの高評価にもかかわらず、視聴率はせいぜい2%と低迷が続いているそうだ。(驚!!)
まあ、裏が「スマスマ」と「報道ステーション」と「しゃべくり007」っていう、
気の毒なくらい数字の取りにくい枠ですけどね。

生徒たちがいい意味で普通で、でもそれぞれに個性があって割とヤりまくってて、
侮れんです。(性的シーンはなく、過激なセリフで生徒たちがこれまでの経験を語る)
さて、27日はいよいよ最終回。
変に感動的にまとめず、ちょっと荒唐無稽な終わり方にして貰えると
「ずっと見てた甲斐があったなあ」と思える気がする。

テレ東さん、(社内の風当たりの強さに)負けずに、(視聴者から)逃げずに、よろしくです。
最終回、3%台まで乗らないかな……。

2%台のドラマでもDVD作るって、どれだけ儲かる事業なんすか(笑)
   でも、どうせ見るなら全部見た方がよいです。
鈴木先生 完全版 DVD-BOX鈴木先生 完全版 DVD-BOX
(2011/09/07)
長谷川博己、臼田あさ美 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

6/19 江~姫たちの戦国

歴史が全く苦手なので、予備知識なくドラマとして見ております。
もう夏になりまして結構な回数(24回?)を重ねたのですが、
あの、面白くなるのはまだでしょうか……。

ここ数回はめっきり秀吉(岸谷五朗)と茶々(宮沢りえ)の恋バナで、
秀吉を憎みながらも惹かれていく茶々の逡巡ややるせなさが細かく表現されていて、
かなり楽しめたのですが、江(上野樹里)の影が薄すぎ……。
大河はやっぱり主人公さんに頑張っていただかないと、物足りなさを感じます。

そして江の第2の夫・豊臣秀勝役にはEXILEのAKIRAがしゃしゃり出て来ました。
この人、民放でいくつかドラマに出てるけど、
主人公にがっつり絡むような役が出来る人じゃないでしょうー。
NHKさん、しっかり!
大河ドラマだよ!?
もう、普通にりえちゃんが主役だったら良かったのにと思っちゃうよ。
このままじゃ樹里ちゃんも損してる気がしちゃう。
早く大人の女性になって、江ならではの潔さや決断力など、
姫たちの戦い方を見せつけていただきたい。
なんてったって、サブタイトル「姫たちの戦国」なんですから。

6/14 下流の宴

火曜日22時~NHKで放送中の連続ドラマ
林真理子の小説が原作。
一流企業の会社員(渡辺いっけい)の妻で専業主婦、優秀な子供が二人という
絵に描いたような「中流家庭」を必死で守ってきた由美子(黒木瞳)が、
息子の翔(窪田正孝)がドロップアウトを止めようと孤軍奮闘するドラマ。
女性の根底を深く抉ることに定評ある林作品だけあって、
由美子さんのうっとうしさがハンパないです。
「ウチの子は特別」って意識の高い、庶民を見下したセリフ回し。
プライドの高そうな目線の配り方。
いやー、女優ですのう。
善人の顔をしている黒木さんよりよほど色気を感じます。

息子の翔はネットカフェで真面目にバイトをしているのだが、向上心も覇気もなく、
「一生バイトでいいよ」と言い、オンラインゲームで知り合った珠緒(美波)と
結婚を前提に同棲を始めた。
小学生の頃から英才教育を強いてきた由美子は当然パニック。
何とか翔をまっとうな道(大検試験を受け、大学を卒業し、いい会社に就職する)
に戻そうとする訳だが、やり方が一方的で翔は反発するばかりなのだ。

一生バイト暮らしが悪いとは言わないが、30代後半を過ぎると相当きつい。
結婚して子供でも出来たら学費諸々かかりますしなぁ。
そういうの、どこかで気付くといいな。
男の人は自分のためだけに働いてちゃいかんですよ。
(嫁が家計を支えて‘主夫’になるならアリ)

さて、14日の放送では珠緒の母親(余貴美子)との直接対決もあり、とても見応えがあった。
珠緒の弟・亮太(太賀)の失態で犯罪に巻き込まれた翔。
詫びに来た洋子・珠緒・亮太に対し、高みからの嫌味を投げ掛ける由美子に、
洋子はひたすら頭を下げた。
だけど余さんの目の鋭さは、誇り高くて素敵だった。
そして珠緒は、由美子の数々の失礼発言についにキレて、
「じゃあ私が医者になったら結婚を認めて下さい!」とタンカを切ったのだ。
簿記3級は持っているものの、医療なぞ一度も学んだことはないのに、
珠緒、おっとこ前ー。
さあ面白いことになってきたよー。

若手の窪田君・美波嬢も力量が高い。
窪田君はいろんな刑事ドラマ・学園ドラマにゲストで出演しているし、
美波嬢も舞台出演を重ねて力を付けましたからね。
民放のドタバタ劇ではなく、しっかり作られた大人のドラマを見たい人には
お口に合うんじゃないでしょうか。

何気に珠緒の弟・裕亜役で、私が気に入っている柳下大君(D-BOYS)も出ていたりします。
やっぱり可愛いなあ。
ええ、今のところ、顔だけなんですけどね……。

★Web拍手★
拍手ありがとうございましたー。
もちろん主演の黒木さんありきのドラマなんですが、
息子・翔役の窪田君の認知度と人気が上がるといいなーと思いながら見てます☆
この手のドラマは、女性が見始めると案外ハマるんですよね。

6/12 マルモのおきて

会社員の護(通称:マルモ/阿部サダヲ)が、亡くなった親友の子供(双子)を引き取り育てる、
ヒューマンコメディ。
阿部サダ君が好きなので芦田某を気にしないように見ていた。
(尊敬する作家であり女優の千葉雅子さんもレギュラーだし←阿部サダ君の先輩・塩沢民子役)

まあ、裏番組が「JIN-仁-」だったので、数字は期待していなかったが、
なんと上昇している……。
放送当初は11%台だったのが、今では16%を叩いている。
最近のドラマで16%は、結構スゴイことだ。(月9でも最近は14%程度である)

ここ数日でよく報道されているからご存知の方も多いと思うが、原因は、
5/25に発売されたEDの♪マル・マル・モリ・モリ!♪。
ドラマでメインの双子役・芦田愛奈嬢と鈴木福君のダンスが注目され、
オリコン5位、レコチョク着うた部門1位、
CDを販売しているユニバーサルミュージックのサイトの動画
(踊っているのは女性2名)の再生回数は140万を超えたそうだ。
ダンスコンテストを開催するそうだから、その参考にってことですね。
ドラマ自体の平均視聴率は16%台だが、EDが流れる終盤になると数字が上昇し、
先日の放送では21%を叩いたというのだから、マルモリ効果というしかない。
昨日、電車の中で優しそうなお父さんが子供をあやすのにこの歌を歌っていた。
日常生活でそんな場面を見ると浸透してるんだなーと思いますね。

でも、ドラマ自体も、笑いとヒューマニズムが心地よく同居し、
見た後には心が洗われて元気になれる気がするので、EDだけじゃなく、
ぜひ最初から見ていただきたい。
おそらく「JIN-仁-」の方が先に最終回を迎えるだろうから、
マルモの最終回は平均でも20%超えるかも?
芦田嬢のお手柄も多分にあるだろうが、阿部サダ君の主演力も評価してほしいなー。なー。

6/9 AKB総選挙

AKB48総選挙 2011 開票結果順位

1位 前田敦子 13万9892票
2位 大島優子 12万2843票
3位 柏木由紀 7万4252票
4位 篠田麻里子 6万539票
5位 渡辺麻友 5万9118票
6位 小嶋陽菜 5万2920票
7位 高橋みなみ 5万2790票
8位 板野友美 5万403票
9位 指原莉乃 4万5227票
10位 松井玲奈(SKE48) 3万6929票
11位 宮澤佐江 3万3500票
12位 高城亜樹 3万1009票

メディア選抜までの結果を掲載しました。
先日予想した10位内で、6名当たりましたー。(1,2,3,5,7,9)

まず驚いたのは、今回は得票数が凄かった!
前田嬢、13万票って! 昨年は1位でも3万票台だよ?
でも、CD買っただけで投票しなかった人もたくさんいたそうな。
純粋に、AKBにオリコン首位を獲らせたかったの?
それとも、投票権をオークションで売るのが目的とかだったんだろうか?

それにしても、前田と大島だけ10万票超えたのが、
いかにも『ツートップ』って感じでカッコいいなあ。
前田は開票中ずっと嗚咽してて、すごく緊張感溢れる発表だった。
前田のプレッシャーは、そりゃもう凄かったんでしょう。
だってあれだけ押されてて、映画「もしドラ」も公開前で、
ドラマ「イケパラ」も主演決まって、それで大島さんに負けた日にゃあ、
アンチさんたちに何言われるか。

2位の大島も、毅然としてて素敵でした。
発表後の挨拶はとても綺麗に微笑んでいて、勝者の風格さえあったと思う。
嫁にするなら大島はいいなあ。(あくまで対外的にで、本性は黒さを感じますけどね……)

そして台風の目になった、3位柏木。
恐いなー。
あんなに分かりやすくあざとい人が、本当に上ってきちゃうのは恐いなー。
まあ、努力はしていそうだから、板野嬢よりはアイドル向きだと思いますがね。
板野8位は、女子ファンが多かったのが敗因……?
女の子は、一人で大量票は投じないものね。

個人的には、小嶋が6位で嬉しかったよー☆
前回より下がりこそすれ、まさか上がるとは。
写真集やananなどグラビアでの露出と、バラエティでの活躍(?)が効いたのかな。
彼女を知って行くほど、アイドル(タレント)としての可能性を感じるので
(嵐における相葉君タイプ)、しがみついてでも芸能界に残ってほしいな。
この人、一般社会では生きていけない人だよ!

SKEからは松井玲奈嬢のみ選抜ランクイン。
珠理奈の方が人気があると思っていたので意外だったが、
AKBファンの大学生男子に聞いたら「当たり前っすよ!」と言われた。
そうなのか……。
不勉強でした。
だって、珠理奈の方が美人さんじゃんよー。

ああ、あと、峰岸15位もホッとした。
バラエティで即戦力だが、将来的には女優を目指してほしい人。
舞台やらせてみたいですねぇ。

6/16放送の「なるほど!ハイスクール」で総選挙の裏側が放送されるようです。
これを見るときっと、知らなかった彼女らの「想い」をまた知ることができるでしょう。
楽しみだー。

ちなみに、にある、Amazonの人気ランキング入りした「AKBがいっぱい」は、
ブルーレイの初回盤を予約してしまいました☆
振り付けは「言い訳Maybe」が一番好き。

6/4 原知宏 引退

1993年にジャニーズJr.として活動開始。
バックダンサー、また役者としても舞台に立ち続け、
舞台でしか生きられないと言っていた彼が、とうとう引退を決めたそうだ。
(ブログにて発表)

私は94年~01年の7年間、ファンだった。
月イチで京都に舞台観に通ったし(2年間……)、
八千代台のショッピングセンターのイベントにも行ったなあ。
正直、歌も芝居も上手い人ではなかったが、ダンスは優雅で、
見ていてうっとりしたものだ。

……そうか、辞めるか。
辞めちゃうのか。
でも、頑張ったもんな。
すごくたくさん頑張ったんだよ、この人は。
頑固な性格ですから、自分なりに納得のいくところまでやって、
引退を決めたんでしょう。

役者としての原君よ、お疲れさまでした。

今後は舞台製作の仕事に就くとか。
これからの人生の方が長いからね。
いい舞台を作っていただきたい。

ここを見ている人の中にも彼を知ってる人がいるかもしれないと思い、
書かせていただきました。

★成瀬葉さま★
意外な八千代台繋がり(笑)
ジャニーズの知り合いがいたとは、羨ましいですねぇ。
彼らは割と固まって遊ぶので、一人捕まえるとイモヅルに知り合いができそうです。
原くんは、16年くらい舞台でお仕事してきた人なので、
演者を辞めても舞台にかかわる人生を選べたのは嬉しいことです。
ちなみに、京都通いの頃は既に都内在住でしたー。

★Web拍手★
たくさんの拍手、ありがとうございました。
少しでも多くの方に彼の決断を知っていただきたかったので、
書いてよかったと思っています。

AKB総選挙 軽め予想

かつてない盛り上がりを見せております、第3回AKB総選挙。
AKB+SKE+NMB+各団体研究生の約150名がファン投票により順位を争い、
1位は次回シングルのセンターポジションを獲得できる。(次回1曲のみの権限)

今年は参加しようかな~と一瞬思ったが、
大量投票をしている人がたくさんいるってことで、断念しました。
「ちゃんと1人1票にしてほしい」って意見も多々聞かれますが、勘違いをしてはいけない。
会社側は「CDをたくさん売る」のが目的なので、ホントの人気なんてどうでもいい訳ですよ。
結果なんて、グッズ生産数の参考資料になる程度ですよ。
だから我々もせいぜい、年1回のお祭りを楽しもうじゃないですか。
なんせこのご時世、CDがミリオンセラーなんてそうそうないのだ。
彼女らは十分、日本の経済活動に協力している。

さあ、前置きはさておき、希望的観測を多分に含めた順位予想なぞしちゃいましょう。
①前田
②大島
③柏木
④板野
⑤まゆゆ
⑥篠田
⑦たかみな
⑧じゅりな
⑨指原
⑩小嶋
(敬称略)

上位はこんな感じじゃないですか?
特に①と②は揺らがないような気が。
大島は可愛いんだけど、今の前田ってちょっと神がかって見える。
良くも悪くも今がピーク、みたいな。
特に10代男子からの絶大な人気を考えると、今回は前田に軍配が上がるかなって。
3位は、速報出る前から今年は柏木じゃないかなーと思ってまして、
速報が出たことによって変動するかもですが、
柏木ファンの熱心さを考えると5位以内は必至じゃない?(まゆゆファンも一途そう)
板野と篠田は女性ファンが多いし、知名度から、この辺に来ると予想。
たかみなは、根強いファンもいるが、もうちょい落ちるかも……?
小嶋もそうですが、第1期メンバーは新しいファンを取り込めていないように見える。
新勢力からくるのが、じゅりな(SKE)と指原かな……。
でも、予想とはいえ、小嶋が指原に抜かれると考えただけで
腸(はらわた)が煮えくり返りますぜー。
さしこには負けたくないー。
小嶋は前回7位ですが、維持は難しそうだなあ。
12位以内のメディア選抜(レコーディングやテレビ出演などに関して優遇される)には
何としても残っていただきたいものです。

⑪~⑳に入りそうな人(順不同)
もうこの辺は、細かい順位は分からんです。
20位以内に入りそうって、アバウトな予想。
れいな(SKE・マジすか学園2「ゲキカラ」効果が高そう)
横山(秋元康氏が見込んだ子だからなあ。芯が強そうだ)
市川(AKB研究生・この子は、見慣れるとクセになる)
峰岸(単純に好きなので、入ってて欲しい……)
宮澤(特に可愛い訳じゃないのに人気がある。性格がいいのだろうか)
北原(同じく、顔は左程でもない。裏表のなさそうな素直さが魅力?)
秋元(一本気なところは好感が持てるが、近頃いいとこなし。20位以下かも?)

エントリーメンバーをざっと見て、20位以内に入りそうな人をピックアップしました。
劇場に行ったことはないので各メンバーの詳細情報はバラエティ番組で見た程度の知識。
この予想は全然信じなくていいです。
2Chでも大騒ぎのネタだそうですから、ちょっと自分でも考えてみたくなったというか。
とりあえず、小嶋の12位以内と峰岸の20位以内を願うばかりである。
9日の「なるほど!ハイスクール」で選挙速報や生中継が入るそうだ。
こういう試みも、秋元氏らしくていいですねぇ。

参考までに、昨年の結果
AKB48選抜総選挙2010 開票結果
1位 31448票 大島優子(2009年2位)
2位 30851票 前田敦子(2009年1位)
3位 23139票 篠田麻里子(2009年3位)
4位 20513票 板野友美(2009年7位)
5位 20088票 渡辺麻友(2009年4位)
6位 17787票 高橋みなみ(2009年5位)
7位 16231票 小嶋陽菜(2009年6位)
8位 15466票 柏木由紀(2009年9位)
9位 12560票 宮澤佐江(2009年14位)
10位 12168票 松井珠理奈(2009年19位)

11位 12082票 松井玲奈(2009年29位)
12位 11080票 河西智美(2009年10位)
13位 11062票 高城亜樹(2009年23位)
14位 9692票 峯岸みなみ(2009年16位)
15位 9468票 小野恵令奈(2009年11位)
16位 8836票 北原里英(2009年13位)
17位 8049票 秋元才加(2009年12位)
18位 6921票 佐藤亜美菜(2009年8位)
19位 6704票 指原莉乃(2009年27位)
20位 6567票 仲川遥香(2009年圏外)

★Web拍手★
拍手ありがとうございました☆
今年の総選挙の緊迫感はハンパなかったですね!
あなたの推しメンはどの辺りにいたでしょう~?

6/1 AKBINGO!

AKB48がメインのバラエティ。
さまざまなシリーズ企画があるが、今回は「モバ写バトル!いちキュンCARD」だった。
これは対戦形式のゲームで、5枚のモバ写(ブログ写真)カードを使い、
ポイントを争う。
あるテーマ(「可愛い」「友達にしたい」など)で街頭アンケートを行い、
提示したカードが得られた支持率の%が高い方が勝利。
そのままポイントになるのだ。

対象は同年代女子で、峰岸みなみVS竹内美宥で対戦したが、
びっくりするほどの大差で竹内が勝利した。
峰岸は、52%の支持率カードがあるのに別のカードを提示して負けてしまい、
悉くセレクトミスをしてしまった。
段々「あたし嫌われてるんだ……」と本気で落ち込み、
涙が溢れてスタジオから逃げてしまうシーンも。
「女子に好かれたい……」は魂の叫び?

でもでも、今、私の中では峰岸ブームが起こっているので、
小嶋に続いて2オシだよー。
「マジすか学園2」も強いんだか弱いんだか分からんが
意志は強い感じが可愛いじゃないですか。
バラエティでは会話の反射神経が良くて、
前に出てきてもクドくならない感じが程良いのかなぁ。

この番組は割と小嶋が目立つように使ってくれるので嬉しい。
「モバ写バトル」も以前にやったし、来週の「ショージキ将棋」(これも対戦形式)も小嶋がメイン。
でも総選挙開票が9日夜で、エントリーは8日15時迄なので、
この放送でオイシくても投票には繋がらないんだな。
いや、悪あがきですけどね。(総選挙予想は後程☆)

AKBサイトだと人数多すぎて探すのが大変そうなので(笑)、
ノースリーブスサイトをリンク♪
左から、小嶋、たかみな、峰岸です。

5/29 JIN‐仁‐

毎週見ていて面白いとは思ってるんですが。
綾瀬はるかも可愛いと思いますが。

今回は何より、中谷美紀が壮絶に美しかった。
世間では美しすぎる海女だの議員だの言っているが、もう、
「美しすぎる中谷美紀」に勝てるものはあるだろうか。
(冷静に考えるとあるが、それは置いといて)

野風さん(中谷の役名)、儚くも麗しゅうございます。
次回もたくさん出るといいなあ。

★Web拍手★
拍手ありがとうございました☆
野風さんの潔い生き方は、中谷さんの雰囲気にとても合ってますよね。
どうしても大沢さん&綾瀬嬢の動向よりも、
野風さんや栄さん(麻生祐未)が気になってしまいます……。

映画 プリンセストヨトミ(まだ見てません)

万城目学(まきめ・まなぶ←苗字読めなかった。しかも本名)氏の著作の映画化
(原題は「プリンセス・トヨトミ」)で、5/28から公開されている。
以前に予告編を見て「大阪全停止」のコピーがとても気になっていた。
キャストも堤真一と綾瀬はるか、
そしてキーマンになる少女が沢木ルカということも大いに鑑賞意欲をそそられたが、
唯一、岡田将生の存在が映画館に出向くのをためらわせていた。
(どうも彼は過大評価を受けている気がしてならない)

最近、原作を読む機会があり、なかなか面白くて、映像化自体も楽しみになったし、
主演の堤さんはナイスキャストだと思った。
が、綾瀬嬢、岡田君のキャスティングがイメージと違っていて
「別物として見ればいいのかなー」と、諦めモードだった。
でも番宣番組を見たら、原作の鳥居(男性)、旭(女性)が逆になっていて、
鳥居(綾瀬嬢)、旭(岡田君)だったのだ。
なるほど、それなら合ってます。
番宣番組のおかげでこの映画は映画館で見よう! と思いましたよ。
いやホントに、この作品はデートにも使える映画だと思う。

そして、映画館で見られる方は、ぜひ、茶子役の沢木ルカも注目していただきたい。
彼女は現在13歳だが、10歳から仕事を始めていて、
「Tomorrow~陽はまたのぼる~」「打撃天使ルリ」「イノセント・ラヴ」など、ドラマ出演作多数。
特にデビュー当時はユニセックスな外見から少年役(「赤い糸」)もこなしていた。
ボーイッシュなんですが、独特の色気があるんですよー。
(私は彼女見たさに、どー考えても面白くなさそうな舞台を観に行ったこともある)
所属を調べたらスウィートパワー(堀北真希・黒木メイサが所属)だったので、
あと数年経ったら主演女優も夢じゃないかも。

ただ、物語でも重要な真田幸一役が中井貴一さんで、カッコよすぎるのが気になる。
ここは、腹が出ていて二枚目顔じゃない、
「いかにも大阪のオヤジ」って人に演じてほしかったが……。
(松村武とか古田新太とか國村隼とか)
真田幸一の表と裏の顔の演じ分けも楽しみにしたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。