今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/27 犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~

金曜深夜に放送中のドラマ。
貧乏な本郷家に迷い犬・スカイツリー(略称・スカイ)がやってきたことで起こる、
家族の変化を描いている。

会社でのストレスを抱える勇次(錦戸亮)、家計に不安を持つ幸子(水川あさみ)、
クラスメートと上手くいっていない子供たち(山崎竜太郎、久家心)だが、
スカイの世話を通して、バラバラだった家族がひとつになり始めた。
そんな頃、スカイの本当の飼い主が見つかり、本郷家はスカイを手放すことに。
しかし、翌日、飼い主から正式にスカイを譲るとの知らせが。
スカイは悪性腫瘍に侵されていたのだ……。

今、ペットの地位がどんどんあがっていて、ペット産業は右肩上がりだが、
反面、飼い主のモラルが問われてもいる。
このドラマは、犬が可愛いだけではなく、毎日の世話が大変であることや、
家族よりも先に死んでいくことが分かっている犬とどう過ごすかなど、
実生活に近い形で作られている点が興味深い。

合間に挟まれてる勇次のバンドデビューだとか(ファンへのサービスカットか?)、
幸子の不倫疑惑とかは、あんまりいらないよ……。
エピソードを横に結構広げていて、諸々回収し切れるのか不安はあるが、
ちゃんと飼い主を叱る獣医(杉本哲太)がいたり、何となく信頼できるドラマだと思う。

そしてやっぱり、亮ちゃんがカッコいいんだな。
こんなとーちゃんが団地にいたら大騒ぎだろうよ。
何故か嫁よりも子供たちが羨ましい。
スポンサーサイト

5/26 デザイン犬図鑑発売!

最近、シェアを増やしつつある「デザイン犬」の特集本が発売されます☆☆
「天才!志村どうぶつ園」出演でも注目されている「愛犬ハウスセキノ」さんの監修により、
各犬種の特徴や便利グッズ、都内のペットホテルなど、お役立ち情報がザックザク☆

わんちゃんを飼っている方だけでなく、これから飼いたい方、
飼えないから本でいろんなわんちゃんが見たい! という方にもおススメの一冊でっす。
40種以上の写真が一気に楽しめますよん♪

私はわんちゃんたちの性格や飼い方を紹介する「全33犬種デザイン犬World」と、
飼い主さんとわんちゃんの生活ぶりをレポートした「おーなーずくらぶ」を担当しました!
可愛い写真が満載のMOOKです。
本屋さんで見かけたら、ぜひ手に取ってみて下さいませ~。
ネットでの購入は、こちらからどうぞ。

表紙はこんなっすー。
犬。
+++++++++++++++++++++
★成瀬葉さま★
拍手ありがとうございます☆
「おーなーずくらぶ」掲載の飼い主さん宅10軒、すべて直接お邪魔しました♪
わんちゃんのいるおウチは、空気も明るい感じがしましたねぇ。
どのご家族もみんな仲がいいんですよー。
わんちゃん効果ってすごいすごい。

5/23 おはよう朝日です

関西では知らない人はいない、1979年から放送されている、朝の情報番組。
キャスターは局アナが中心だが、他にない特徴として、
エレクトーン奏者のお姉さんが必ずいて、CM明けに短いテーマ曲を弾き、
「おはよう朝日です、ただいま○時○○分です」と告知することでも知られている。

いや、基本的にはたくさんの情報番組とそんなに変わらんのですが、
見てたらちょっと驚いたことがありましてね。
朝の7時って、どの局も一斉に報道ニュースを始めるじゃないですか。
(今だったら原発とかね)
それが「おはよう朝日です」だけ、阪神タイガーズの前日の試合結果や分析データを、
キャスターとゲストが真剣に討論していたのだ!

おそらくこんな7時跨ぎ、全国でもこの番組だけじゃないだろうか。
さ、さすが大阪じゃ……。

5/21 大阪ほんわかテレビ

大阪に来ております。
せっかくなので、大阪の番組の感想なぞ。

「大阪ほんわかテレビ」は、日曜22時から放送している1時間の関西ローカル情報バラエティ。
なんと1993年からずっと放送されている、息の長い番組である。
現在は、中華料理屋「間来軒」を舞台とし、間寛平、笑福亭仁鶴、桂南光、
中川家などがレギュラーを務めてアドリブコントも盛り込みながら、
関西の美味しいお店や、おなじみの商品(ビニール縄跳び、リカちゃん人形のお洋服)の
開発者を紹介する「実はワタシです」のコーナーがある。

実は、チャンネルを変えたらもう終わりかけで、全体はちゃんと見られませんでした……。
寛平兄やんがメインの「かん地蔵」が楽しかったので、そこだけレポ。
小学生の悩みや疑問を解決する、「かん地蔵」(着ぐるみ着用)。
今回の悩み人は、ケンカばかりしてしまうという3兄弟(名前忘れた……)。
かん地蔵に相談する際にもついつい言い合いになる兄弟たちに、かん地蔵のお答は
「一番偉いんがおじい、次がおばあ、次がオトン、次がオカン、それで兄ちゃん、
弟ってなるやろ。兄ちゃんの言うことは聞かなアカンで」と、優しく諭した。

兄弟たちは意外にも素直にアドバイスを受け入れ、
実際に収録後の楽屋で板チョコを一枚渡すと、
お兄ちゃんの分け方に弟たちは素直に従っていた。
微笑ましいじゃないですか。
ああ、大阪だなあって、ホッとする温かさを持った番組ですな。

★成瀬葉さま★
いつも見て下さってありがとうございます。
実にのほほんとしてて、普遍的な番組でしたねぇ。
関東の、スピード重視のお笑いに慣れてきていたので、
あのゆったりした雰囲気は新鮮でしたよ☆

大阪へは、帰省でしたー。
実家でも姉宅でも、自動的にビールが出てくるシステムが出来上がっていて、
ありがたやありがたや。
ちなみに苦手なモノは山ほどあるので、(子供みたいで)恥ずかしくて書けません……。

5/12 とんねるずのみなさんのおかげでした

「震災復興支援ハンマーオークション・第2回」が開催された。
AKB48選抜メンバーが出場し、「『会いたかった』をあなたのためだけに歌う」権を出品。
熱い戦いの末に落札したのは、25歳・大学院生の忠君。
落札価格はなんと151万円!
理系ぽいメガネ君で、普段はきっと研究室でパソコンとにらめっこで演算ばっかして、
徹夜続きだったりするんだろうなぁって感じの純朴そうな青年だった。

収録後、スタジオに残って商品の贈呈。
彼女らの歌を聞きながら手振りをし、口が開きっぱなしの忠君の純粋な目に、
子供を見守る母親のような気分になった。
曲のラスト「君に~♪」を「忠~♪」と言って貰ったり、大好きな前田あっちゃんと握手したり、
急きょ「誰かのために」も追加で歌ってくれたり……。
最後はステージ上でメンバーと記念撮影。
いい思い出ができて良かったね。
これからもお勉強頑張ってくれたまえ。

そして、自分のファンじゃないのに、
精いっぱい楽しんで貰おうと満面の笑みだった大島優子がめっちゃ可愛かった。

5/11 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

劇場版・第15弾。
今回は雪山での事件だった。

冒頭とラストの2回、コナン君がターボエンジン付スケボー
(後半はスノボとして使用)で疾走するシーンがあるが、
ここがまさに見どころで、ハラハラドキドキの連続!
このスピード感は、コースター系のアトラクションに乗ったような感覚が味わえて、
随所に出てくる小道具も「ここでそう来るか~!」って、感心しきり。
古内一成氏の脚本は、前半に張った伏線を後半畳み掛けるように
ガッツガツ回収してくれるので、爽快感がたまらんです。

一時期(10作・11作)、劇場版の脚本が別の方に変わったことがあって不安だったが、
ここ数作はまた古内氏が復帰してきてくれた。
やっぱりこの人でなきゃ、あの緊迫感は作り出せないんですな。

珍しく、コナン君がピンチに陥るシーンもあり、新鮮だった。
ぜひ劇場で観ると良いかと思います。

★成瀬葉さま★
拍手ありがとうございます☆
コナンの脚本は、アニメ版はかなり多くの方が担当されているのですが、
(実は私もネタ出ししたことがあります。……ボツでしたけどー)
劇場版は15作中、12作が古内氏なのです。
毎年、詳細が発表されるときに「古内氏脚本でありますよーに!」と願っております。

※これから見てみようと思った方へ※
レンタルする場合、15作の中でどれを見ようか迷ったら、
1.3.5.6.8.12は間違いないと思われます。(タイトル等は上記公式サイトを参照下さい)
とはいえ実は、好きなキャラによっておススメ作品は変わります。
知りたい場合は「●●さんを見たいならどれ?」と、質問してください。
怪盗キッド、平次、灰原哀など人気キャラだけでなく、
小五郎、園子、目暮警部+捜査一課一同など、サブキャラの活躍作品もあるんですよー。

5/11 SP 革命編

劇場版「SP」の後編を観てきた。
前編「野望編」で尾形(堤真一)が日本の政治を覆そうとするテロ行為を目論んでいることが判明。
自分と同じく総理に遺恨を持ち、
SPとしての能力も高い井上(岡田准一)を仲間に引き入れようとして失敗した尾形だが、
既に決行の日は近づいていた。
「真の正義」は尾形によって明らかにされるのか……?

とにかく、何もかもがカッコいい映画だった。
特に岡田准一と堤真一は、最初っから最後まで非の打ちどころのないカッコよさ。
「そんなにカッコよく映してどうしたいんすか!?」と、
波多野貴文監督に心の中で何度もツッコを入れてしまった。

私は映画を観る場合に「(この作品の媒体が)映画じゃなきゃいけない理由」を求めてしまう。
その点、「SP革命編」は国会議事堂を占拠してのテロ行為が主な舞台で、
スケールの大きさはあっぱれだった。
精巧に造られた本会議場は(議事堂は撮影許可が下りないそうだ)
長年の使用感まで追求していて、公式サイトで見るまで本当の議事堂だと思ってたよ……。

そして男連中に負けない真木よう子女史のガンアクションも見応えアリアリでした。
この映画はアクションを見ているだけでもスカッとするが、
それぞれが抱えている人間ドラマや、麻生総理(山本圭)を始め、
国会議員・伊達役の香川照之氏など、
政治家役の役者さん方の重厚な演技にも終始釘づけになってしまう。

人気作品なので当然DVDは出るし、テレビでも放送すると思うが、
ロングランしていることだし、できれば劇場で観てほしいですなぁ。

こっちが前編。
  TVシリーズは見ていなくても、この程度の予習はしてから観た方が
  より楽しめるでしょうー。
SP 野望篇 DVD通常版SP 野望篇 DVD通常版
(2011/04/23)
岡田准一、堤真一 他

商品詳細を見る

5/9 もしものシュミレーションバラエティ お試しかっ!

人気ベスト10を当てるまで帰れない「帰れま10(テン)」の対決方式・前半戦。
タカトシ組は関ジャニ∞(錦戸・村上)を交えて冷凍食品の「ニチレイフーズ」。
現在6連勝で、ストレート正解100万円チャンスも継続中だ。
一方竹山組(ロッチ・銀シャリなど)は、回転すし「スシロー」で挑戦。
6品目を外してしまったので、現在5品正解。
あとは早く終われるよう頑張るだけだ。

片方にジャニーズが入ってるんだから、対戦にしなくても、
がっつり錦戸さん映してればいいのにねえ。
錦戸さんは冒頭2品目でエビピラフをがっついて、
村上君に「お前、このあと大丈夫か?」と言われ、
「今食べたいねん!」とアホの子(←関西ではよく使う言い回し)のように言っていたが、
次週予告では早々に「もう入らへん」と言いだしていた。
……計算せぇや。

ニチレイフーズは「本格炒め炒飯」が最強だと思う。
2位だったが。

★Web拍手★
拍手ありがとうございました☆
週に1回くらい、覗いていただけると何かしら更新されてます。
また見に来てくださいませ。
さて、16日は後編の放送です。
私の予想では、3位は餃子じゃないかと……。

5/7 333(トリオサン)

ジューシーズ、ジャングルポケット、パンサーという3組のトリオで
週替わりの企画(指令)をクリアすべく奮闘する土曜深夜のお笑い番組。
関東ローカルらしい。(公式サイトから全国配信が最近スタート)

よくある番組と違うのは、企画に参加できるのは2組だけ。
毎回様々な手段で1組が脱落し、ロケには参加させて貰えないのだ。
ちなみに私はパンサー(のネタ)が好きで見ている。

企画は「沖縄美人探し対決」や「雪だるま作り対決」など、
よくあるバラエティ企画なのだが、実は脱落する1組を決めるゲームが面白い。
最初は単純にじゃんけんをしていたが、ここのところ連続で「すごろく」にて決定している。
制作側が気に入ってるんだろうか?(安上がりで尺が2週分取れる)
大きなサイコロを使って、ひとマスごとに指令があるというオーソドックスなスタイルだが、
無茶ブリモノマネだったり、相撲対決をしたりと動きがあって
3組のグループ性が見られるのが結構楽しい。

そして今、この番組では初のグッズとしてTシャツを作成。
各組1種類で公式サイトで予約を受け付けているが、各組100枚販売が必須。
売れなければ自腹だそうだ。
次(5/14)の放送で予約状況が発表されるそうなのでチェックしなくては!
パンサーのTシャツ、迷いながら、まだ申し込んでない。どうしよう。
Tシャツって、着ないんだよな……。

5/6 ぴったんこカン☆カンSP

前半は中村梅雀氏と安住アナが、江ノ島を旅した。
ハイテンションなさかなクンや梅雀氏の奥様も登場し、
辛口占い師・魚ちゃんと飄々とした梅雀氏のやりとりもほんわかしていて面白かったが、
本日の本命は後半戦である。

俳優・小栗旬と女優・市毛良枝が、安住アナと高尾山登山を決行。
主演映画「岳-ガク-」の宣伝ではあるが、小栗君は安住さんと結構気心が知れているので、
「ツッコみの小栗」が見られる貴重な機会だ。
まずはスーツ姿の安住アナのために、登山用品を購入に赴く3人。
「岳」で小栗演じる三歩(さんぽ)のような蛍光のウェアと、
最新の登山用品を選んで、いざ高尾山へ。
ところが、リュックに仕込める水筒?(チューブ式で、背負ったまま給水できる)を
嬉しがって2個も持ち込み、片方に水、
片方にビール(安住アナ曰く「小栗君の喜ぶ大人の水」)を持ったため、
重い荷物に苦しむ安住アナ。
挙句に小栗君にも「(ビール)いらない」と言われる始末。ぎゃふんだ。
少し登っては休むため、小栗君、市毛さんにも苦笑いされていた。

しかーし! 憧れの「山ガール」と出会うため、懸命に歩を進める。
が、握手を求められるのは「元・ガール」ばかり……。
切ない現実である。
途中、市毛さんの知人の山伏さんが現れ、生でほら貝を拭いてくださった。
その迫力に驚かされたが、山伏の知り合いがいる市毛さんにも驚愕。
さすが、日本トレッキング協会理事だけありますな。

いろいろありましたが、頂上に着いた到達感に、気分は爽快だったようだ。
やっと美味いビールが飲めて、小栗君もご満悦。
それにしても安住さん、体力なさすぎじゃい。
映画の公式サイトはこちら
gaku
「岳-ガク-」公式サイトより。

5/5 なるほど!ハイスクール

AKBが、視聴者が普段疑問に思っていることをさまざまな角度から解明していくバラエティ。
今回は、電柱や新幹線の車両など、公共物の値段を教えてくれた。
郵便ポストの8万円にちょっとびっくり。買えるじゃん!
いや、買ってどうすると思うんだけど、ポストってフォルムが愛らしくないですか?
電柱5万円とかも、案外買える……。(だから買ってどうする)
ちなみに山手線車両が1両1000万、新幹線は1両1億だそうです。
だ、大事に使わなきゃね……。

そして後半は、川越シェフの残り物クッキング。
主婦アンケートで「余ってしまいやすい食材」を調べ、無作為に選んだ3品を使って料理をした。
プロの方だから美味しくなるのは当たり前として、
川越さん、どんどんおかしくなっている気が……。
フジの朝の番組「スパイスTVどーも☆キニナル!」(2010年3月終了)に
金曜レギュラーで出ていた頃は、もっと普通の料理人だったと思うのですが、
最近バラエティ慣れして、喋る喋る。
それも別に面白くもない、ただのお喋りさん……。
「絶対味覚」(頭で料理の味が計算できる)を持っている彼のことですから、
料理の腕は一流なんでしょうが、喋りすぎると料理の味まで安く見えてしまって、
ちょっと損してるのではと思う今日この頃。

★鉄火丼さま★
初めまして。コメント&トラックバックありがとうございます。
電車の値段、ビビりますよね……。
車両間にあるドアもバシバシ閉めちゃだめですね。
(先日、バッシバシ閉めて歩いていくおじさまがいたので・苦笑)
このブログはAKBのこともちょくちょく書いてます。
小嶋嬢寄りですが(笑)
またたまに、覗いていただけると嬉しいです☆

4/29・30 世界フィギュア2011女子

ヨナに突っ切ってほしかったが、やはり立ち塞がるか、安藤美姫。
SPの点差がわずかだったので、安藤優勢だなと思っていたが、
互いにミスがあり、結果は安藤の辛勝だった。
安藤は最近SPは柔らかく、FPは激しくということが多い。
そもそも激しい方が演技に合ってる気がしているので、
今回もあのSPは勿体なく思えてしまった。
でも、安藤のここ一番の粘り強さには度々驚かされる。
敵に回したくないヒトですね。

真央ちゃんも最終6位でギリギリ入賞はしたが、苦難のシーズンでしたな。
でも彼女は自己管理をきっちりやる人なので、また復活してくるだろう。
だって、しぶとそうだもの(いい意味でね)。

村上佳奈子もFPが良かったので、SPが奮わなかったのが残念。
でもゾロになりきってサーベルを扱う振付がキュートだった。
まだ若いからね。徐々にステップアップしていくのが良いでしょう。

そしてヨナ。
もうホントに素敵すぎてドキドキでした。
今季はこの大会しか出なかったので、SPもFPも1回きり!
なんて贅沢なんだ……。
ジャンプでミスがあったのは残念だったが、ヨナの魅力はジャンプよりも、
美しいスピンとスパイラルにある。
そこを十分に魅せてくれたので満足だ。
ヨナはバンクーバー五輪で完璧な演技をしてしまったので、
今後もモチベーションを保つのが大変だろうが、やはり辞めるときには今一度、
パーフェクトな演技を見せてほしいものだ。

近年はフィギュアの採点方法がどんどんジャンプ主体になっているので、
芸術性が軽んじられるのは不本意だが、順位とかメダルを気にせず、
演技を楽しむというスタンスでフィギュアを見守っていきたい。

メダルは選手には励みになり、将来的に考えても(引退した後の進路などに)必要だが、
私には関係ないもんねー。

★Web拍手★
拍手ありがとうございました☆
安藤嬢は、最高視聴率までかっさらって行きましたね。
EXも見ましたが、この人の優雅さ、女性らしさは抜きんでてますな。
ヨナとはまた違って、リアルなセクシーさがあります。

4/27・28 世界フィギュア2011男子

世界王者を決める、シーズンの集大成。
日本からモスクワに会場を移し、ようやく開催された。

それにしても、今回はP・チャンがダントツ・圧巻でしたなー。
SPもFPも完璧すぎて、神に愛されたとしか言いようがない。
全く、ミスらない男ですよ。
でも、FPの技術点は、P・チャンより小塚君の方が2点高かったのだ!
構成点で9点近く離されてたしSPの差もあったから勝てなかったが、
この評価は次への希望になるなあ。
堂々の銀メダル、おめでとう!!

さて、織田君は、何だろう、この人の勝負運のなさ……。
でも今回は、運じゃなくて自分のミスだからね。
もうどうして何度も同じことしちゃうの……。
失敗して予定と違う事態になると、パニクっちゃうのかな。
大ちゃん(高橋)は最初から起きやすいミスを想定した練習をしているが、
織田君はそういうのが足りないのかな……?

そして大ちゃんも、神様にそっぽ向かれちゃったね。
よりによって、シーズン最後の試合の最後の演技でビス取れるか!?
うーん、でも、ケガがなかっただけラッキーと思うべきなのかな……。
でも、不完全燃焼で終わったことで、大ちゃんは来季も競技会出場が濃厚の様子。
ファンには嬉しいことだ。

最近気に入っているF・アモディオも、FPの点数が伸びず、入賞を逃した。
何故ヴォーカル入りの曲を使ったのさー。
余計な減点を増やした意図が分かりませんですよ。
キング・オブ・ポップMJと言えど、ルールの壁は越えられないのだよ……。
そういうのは、EX(エキシビション)でやりましょう。

それと、ロシア代表のA・ガチンスキー。
気になりますねぇ。(いや、名前が面白いだけじゃなくて)
E・プルシェンコとコーチが同じでロシアでは「プルシェンコ2世」との呼び声も高いそうだが、
実際に演技や体の使い方が10代のプルを彷彿とさせてハッとさせられた。
今後に注目したい選手だ。

他にもB・ジュベールが手を切って流血したりと、いろいろあった最終試合でしたが、
P・チャンが世界王者にふさわしい完璧な演技で金メダルを獲得したのは
素晴らしい締めくくりだった。

4/25~28 若冲ミラクルワールド

NHKBSプレミアムで4日連続放送された。
江戸中期の京都で、「神に通じる」とまで言われた絵師・伊藤若冲(じゃくちゅう)。
日本美術史上、唯一無二の存在感を放ち、代表作として、
皇室の名宝「動植綵絵」(どうしょくさいえ)があげられる。
若冲の絢爛ながら緻密な描写は美術ファンだけでなく、
学術として分析する学者もいるほどなのだ。
そんな若冲の絵に隠されたさまざまな技術に、
嵐のリーダー・大野智がナビゲータとして科学的に迫った。

大野さんは2年ほど前に若冲を知り、絵の前から2時間動けなかったと熱っぽく語っていた。
いや、あの大野さんのテンションがあんなにあがるとは。
はしゃいだりはしないが、目が爛々と輝き、美術館の館長さんにも次々と質問が飛び出す。
タレントさんがナビゲータをすると「言わされてます感」満載の、
台本にあるんですねっぽい質問が多いのだが、そういった感じは全くなく、
大野さんは本当に若冲が好きなんだーってことと、
好きなジャンルに関してはそんなに喋るのか! という衝撃があった。

だが、残念なことに、事前㏚放送の45分番組はばっちり見られたのだが、
本編は4/26しかみられなかった……。
(90分×4本という豪華さ!)
だって、裏番組が強すぎて(苦笑)、どうしてもこの番組を切り捨てるしかなかったのだ。
リンカーンや世界フィギュアとぶつけるとか、意地悪しないで下さい……。
どうかどうか、再放送してくれませんかね。
絵に夢中な大野さんも見たいが、㏚番組を見ただけで、
私も若冲の魅力に引き込まれてしまった。
絵の細部をもっと知りたいです……。
   「群鶏図」(NHK番組サイトより)
   jakutyu
+++++++++++++++++++++++++++++
★shioriさま★
こんにちはー。
おお、一挙再放送ですか!
それはビバですね。
今度こそ何とか見られるようにしたいです。
情報ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。