今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/22 futuretoy8周年です。

futuretoy」というのは、私の個人サイトの名称です。
2003年2月22日に開設し、「仕事履歴&予定」、「短歌」、「脚本」などを掲載してます。
(「小説」は現在閉鎖中。)

ここ最近は専ら「日記」から移行した「ブログ」の更新しか出来てないです。
(みなさんがこの頁に直接いらしている率、100%かと)
もうブログだけにしちゃおうかと思うこともちょくちょくありますが、
新しく知り合う舞台関係者の方に手軽に読んでいただけるよう、
作品を置いておきたいので、更新はままなってませんが、とりあえず残して参ります。

さてはて、もう9年目ですって! ってことですが、今後ともよろしくお願い致します。

覚え易いように2月22日に開設した割に、22日に更新出来てないじゃん!
と、自分にツッコんでおきます(苦笑)


★成瀬葉さま★
いつもありがとうございます☆
「冬のサクラ」イベントに行こうとしていたとは……、ツワモノですね(笑)
ぜひ、高嶋氏に石つぶてを投げていただきたかったです!(←これは犯罪です)

お祝いいただき、ありがとうございました。
たまトザ公演の際に、受付でニーハイ穿いたりしたら、
友人たちに本気で心配されそうなので、ちょっと難しいかな……。
でも、せっかく言って下さるなら、ちょっと小奇麗にするよう、心がけます(笑)

こちらこそ、これからも適当にお相手下さいませ。
スポンサーサイト

2/20 冬のサクラ

このドラマを見た人の9割7分が思っているだろう。
(せーの)「高嶋政伸こえー!!」
いやぁ、お金と権力があれば、人を陥れるのって簡単なんですねぇ。

残り少ない命と分かっていて逃避行した祐(草剛)と藻奈美(今井美樹)。
さてこれからどうなることやら。
祐の弟・肇(佐藤健)ちゃんの将来が危ぶまれているのが一番気になるかも。
頑張った人は報われてほしいのですよ。

2/18 バーテンダー

相葉ちゃんが黙ってカクテル作っていると、そこそこサマにはなる。
しかしやっぱり「今、必死でお芝居してます!」って雰囲気は隠せませんね。

そしてライバルの天才バーテンダー・葛原役の金子君。
彼の芝居は独特でとても好きだが、あんな仏頂面のバーテンダー、見たことない。
バーは客商売なのだから、どのバーテンダーさんも
カウンターでは上品で落ち着いた微笑みを浮かべていらっしゃる。

お酒の勉強が出来るのは見ていて楽しいけど、
あの金子君のいる店にお酒飲みに行きたいとは思えませんねぇ。

2/17 VS嵐

嵐チームとゲストチームがゲームで対決する番組。
ゲストは三船美佳、勝俣州和などが参加の「パパママチーム」。
嵐側に加入して一緒にゲームをやる「プラスワンゲスト」は、
人気上昇中の子役・濱田龍臣君だった。

龍臣君と大野君は「怪物くん」で共演した仲なので、2人の空気がほのぼのしていて、
ゲームを見ている間も手を繋いで座ってたりして、非常に可愛かったですよー。
龍臣君の学校でのアダ名が「ハマタツ」→「ハムカツ」→「ハムカツサンド」
であることをバラされ、真っ赤になって涙ぐんでしまった姿は、
J系少年好きのお姉さま方には溜まらんかったのではなかろうか。

この番組を見ていると、櫻井君の気の毒さと、大野君の能力の高さを実感する。
後の3人は、得意と不得意があって、普通な感じ。
「ジャングル・ビンゴ」が好きなんですが、最近やらないなぁ。
セット組むのに時間が掛かるから?
たまに見たいよー。

2/12 熱海殺人事件NEXT~くわえ煙草伝兵衛捜査日誌~

故・つかこうへい氏の不朽の名作が久々に復活した。
山崎銀之丞・武田義晴・長谷川京子・柳下大で繰り広げられる4人芝居。
部長刑事・伝兵衛(山崎)と部下・片桐(長谷川)の元に捜査協力にやってきた刑事・熊田(武田)。
3人で、恋人を殺した犯人・大山(柳下)の心の奥を暴いていく……。

「熱海殺人事件」は過去にいろんなキャストで上演されていて、
私は少年隊バージョンで見たことがある。
伝兵衛を錦織氏が演じていて、その時のテンションの高さも凄かったが、
山崎さんにも圧倒された。
開始5分で「そうか、つかさんの芝居ってこうだった!」って思い出して懐かしかった。

つか劇団の古参、武田氏はもう根っからの「つかっ子」な役者さん。
大胆で存在感のあるお芝居で、長谷川・柳下を支えてくれていた。
ハセキョーさんは、心配していたよりも見られて、安心した。
以前に彼女が出ている舞台を観た時は、申し訳ないが、邪魔で邪魔でしょうがなかった。
だけど片桐刑事はちょっと飛び抜けちゃった色気もある役で、弾けてて可愛かった。

しかしそれを上回る可愛さを発揮していた柳下大。
4人で「ポニーテールとシュシュ」(AKB48)を振り付きで踊るシーンがあって、
誰よりも柳下が可愛かった。
もうAKB入っちゃえよ!違和感ねぇよ!とか思った。(同時に自分の頭がおかしいのも自覚した)

そもそも私は彼を観たくて行ったのだが、これまで彼には散々期待を裏切られていたので、
今回も行くかどうか、凄く悩んだ。
でもチケット代が破格の2,500円だったので、それなら行ってもいいかと思ったのだ。
(「チケット代は安くあるべき」とのつか氏の遺志だそうだ)
いやぁ、行ってよかった。
これまでに観た彼の芝居の中で、一番良かった。
つかさんが生きてる間に出会えてたら、この人、もっと伸びたんじゃないだろうか。
柳下君の舞台を観るのはこれで最後にしようかとちょっと覚悟していたんだが、
これでまた、次も観てみたくなってしまった。
まあ嬉しい誤算ってことで。

ところでこのお芝居、これから毎年紀伊國屋ホールでキャストを変えて続けるそうだ。
つかさんが亡くなり、つかこうへい劇団も7月に解散が発表されたが、
これからも氏の作品が受け継がれるのは大変喜ばしい。
キャストによってはまた観に行きたいと思っている。

2/11 R-1ぐらんぷり2011

ピン芸人のお祭も9回目を数える。
今年からはトーナメント形式に変わって、優勝までには3本の強いネタが必要となった。
ピン芸はただでさえ被りやすいのでどうなるかと思ったが、いやはや、さすが決勝。
繰り出されるパンチはどれも種類が違っていて、それぞれの個性が良く現れていた。

報道で知った方も多いだろうが、優勝したのは「さっくん」こと佐久間一行。
「芸人報道」以外で久し振りに見ましたが、ネタの雰囲気は変わってたな~。
私は「くるっと平和解決」で締める「海シリーズ」とか「学校シリーズ」が好きなんですが、
1本もやらなかった。
彼は1回戦目のネタが一番良かった。
それがあったから、2本目、3本目は許されたといった印象。
でも、長い間とても純粋に芸と向き合ってきたさっくんが優勝したのは
やっぱり嬉しかった。

それにしても今年は(私の中では)波乱波乱の連続で。
応援してた人が悉く1回戦で消えました。
キャプテン渡辺、ナオユキ、バッファロー吾郎・木村はもう1本見たかった。

そしてやっぱりスリムクラブ・真栄田の面白さが分からなかった……。
彼の作る設定は興味を惹かれるが、使いこなせてない気がしてしまう。
でも、1回戦でナオユキに圧勝でした。あれが「今」の笑いなのか……。
私はナオユキ楽勝かと思ったのにな。

AMEMIYAは、3本とも見たことあるネタだったので、知らないのを見たかったですねぇ。
しかし「冷やし中華始めました」は秀逸だと思う。

山田與志も実力は高いのに、今年もダメでした。
この人、R-1における「笑い飯」なんじゃないか。

さて、私が個人的に毎年押しているのはナオユキです。
あの緩やかなテンポのボヤキ漫談。それでいて内容は、
じわじわ効いてくる毒がたっぷり塗りこめられている。
活動は関西がメインのようで、関東では滅多に見られないのが残念だ。

2/2 AKBINGO!

AKBの小嶋が好きだと周囲(職場や友人たち)にも認知されてきたワタクシですが、
この番組は見たことがなかった。
彼女らの歌ってる姿を見るのが好きなので、
イマドキの子のはしゃいだお喋りには興味がないのだ。
しかし今回は、メンバーの手相で今年のラッキーガールランキングを発表する1時間SP。
小嶋がどのポジションなのか、気になるじゃないか。

参加したメンバーは総勢23名。
4~20位を先に発表し、残るはベスト3とワースト3の6名。
昨年ワースト3の宮澤、秋元、たかみなが相変わらず残っていて、
あとはドラマやCM出演が好調な篠田、
大島優子もメンバーである新ユニット「Not yet」に選抜された横山。
そしてなんと小嶋さんが残っちゃってるよー。
大丈夫かよー。

重苦しい雰囲気の中、3位は篠田、2位に横山!
期待の若手は今年ブレイクしちゃうのか?
そしてワーストの21位・秋元、22位・たかみなだった。
この2人、去年散々だったのに、今年も報われないのか……。
ちょっと気の毒だ。

残るは宮澤と小嶋。さあどうなる!
とテレビの前で見守っていたが、1位は宮澤。最下位が小嶋だった。
ががーん。
たかみなと小嶋は「ノースリーブス」というユニットを組んでいて、
今回不参加の峯岸がもしいたら、たかみなと小嶋の間の順位だったらしい……。
ユニット全員ダメダメじゃん!! 

そこで祈祷師・びびこさんがやってきて除霊をしてくれたのだが、
たかみなと小嶋がそれぞれ、頭から一升マス一杯分の塩をぶっかけられていた。
衝撃映像ですよ。
でもそれで悪いものが飛んでってくれるなら、まあいいかしらね。
映像的にはオイシかったし。

そもそも48人もいるのだから、目立つのもパッとしないのもいるでしょう。
ある意味、12位というど真ん中で最初に発表され、
その後殆ど映らなかった指原が一番損してたかも?
ところでこの番組、普段何してるんでしょ?
番組サイト見ても何も分かりませんぞー。

3月に発売予定の写真集。
  表紙がめっちゃ可愛いじゃないですか! 
  ヤバい。買っちゃったらどうしよう……。
小嶋陽菜写真集『女の子の神様』 (タレント・映画写真集)小嶋陽菜写真集『女の子の神様』 (タレント・映画写真集)
(2011/03/15)
小嶋 陽菜

商品詳細を見る

2/1 ロンドンハーツ2時間SP

「芸人が選ぶ女性芸能人№1」の第3回が開催された。
ロンブー他、千原ジュニアやケンコバ、
チュートリアル・徳井ら22人の芸人がそれぞれ、大好きな女性芸能人ベスト5を発表。
1票しか入らなければ脱落し、残った中から再投票。
それを繰り返し、得票数の一番多かった芸能人が№1に認定されるのだ。
(私は見ていなかったが、第1回優勝は永作博美、第2回は上戸彩だったそうだ)

吉高由里子、宮あおい、佐々木希など、若手の人気株が名を連ねる中、
YUKI、椎名林檎、森高千里のアーティスト勢も根強い。
何度も投票を重ねた末、ベスト3は石原さとみ、檀れい、宮あおいとなった。
この3人からたった一人に投票する決選投票が行われ、
優勝は「ここ半年で急激に綺麗になった!」と芸人たちのテンションを上げた石原さとみに決定。

相変わらずしょーもないことばかりやっている番組なのだが、
23時にスタートしたこの収録も、それぞれが思いの丈を語っていたら、終わったのは朝の5時。
あほかいな。
いやはや、男の人ってな、可愛いですねぇ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。