今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/28 ナサケの女~国税局査察官

米倉さんの目ヂカラで押さない演技はちょっといいなあ。
眼鏡で雰囲気が和らげられて、彼女が元々持ってる鋭さが上手く押さえられている。

あと、クリーニング屋・友也(瀬戸康史)のパシリ姿が犬コロみたいで可愛くて、
「クリーニング屋」って設定も活きてるね。(潜入操作の際に預かり物を借用している)

想像してたよりチャーミングなドラマだ。
スポンサーサイト

10/25 流れ星

ドラマ自体は関心が湧いてないのですが、
番組の象徴として使われている「クラゲ」が大好きなので、見てると楽しい。

ドラマで紹介されている「新江ノ島水族館」には
クラゲの部屋(クラゲファンタジーホール)があって、
現在は15種のクラゲがいるそうだ。

以前ここに行った時にすごく気に入ったクラゲあって、
飼えないかと調べたら、大変なんですね。
クラゲ飼うのって。
しょっちゅう水の入れ替えしてあげなきゃいけないそうです。

だから、ドラマの中で健吾(竹野内)が部屋でたくさんのクラゲを飼ってる姿に
ちょっと違和感である。
個人であんなに飼えるのだろうか……?

ちなみにこれは、しながわ水族館のクラゲ。
照明の加減か、狙ってないのに妙にレインボー。
      kurage

10/23 嵐にしやがれ

毎週「兄貴ゲスト」をお迎えして嵐に男の3か条を伝授してくれる番組。
とうとう、アツイアツイ松岡修造氏がいらっしゃった。

例の如く何に対しても懸命な氏が「本気になること」の大切さを説いて下さったのだが、
その中で、驚きの情報がもたらされた。
氏のHPには、「こんなあなたに……」というコーナーがあり、
落ち込んでいる人を元気付けてくれるのだ!
そもそもの始まりは、町を歩いていたとき。
素人さんから声を掛けられ、「元気付けてほしい」「喝を入れてほしい」との要望が
多かったことからだろうだ。

ちょっと凹み気味だったり、最近やる気が出ないなという人は、
一度訪れてみてはいかがでしょうか。
約30パターンあるので、どんな状況の人も勇気付けられる筈。
結構、マジで、ちょっとやる気出ますよ。

★Web拍手★
拍手ありがとうございました。
最近仕事で凹んだので、修造兄貴のVTRをいくつか見てみたら、
キモチが軽くなりました。
「独りで苦しんでいるあなたに」と「もっと頑張りたいあなた」は名作ですな。
笑えるって意味では「勘違いしているあなたに」(類似タイトルに注意)が良いですね。
ちなみに、目次をスクロールしたら30種類なんて数じゃなかった。
修造兄貴、すごいっすねぇー。

10/20 奇跡のダイエット ミラクルチェンジSP

体重190kgの常磐えりか(仮名)さんが若かりし頃の55㎏に還るまでを追ったドキュメント。
「ギミアブレイク」→「お茶の水ハカセ」→「ミラクルチェンジ」と、番組は変わったが、
TBSは彼女を追い続けて、今回で一応「完結編」らしい。

密着合計1年半くらい?(当初から見ていたが、一番最初の放送日が不明)で、
‐113㎏を達成。
現在77㎏だ。
生きるうえで基本である「食」を変える訳だから、かなり過酷だったと思う。
一朝一夕じゃ出来ないことだし。
その姿を見ていたので、痩せた彼女に感動はしたが、
そもそも自分を甘やかし放題でここまでなったんだよな~と、
時に現実的に見てしまうこともあり、少々複雑な気分。
恋人のDVなどの理由はありましたが、
190㎏になるまでに引き帰せたんじゃないの? みたいなね。

でも彼女も「これじゃイカン!」と一念発起してがんばったのだろうから、
努力した分は報われるといいね。
今後について、彼女はこれからも、
当初の目標の55kgを目指してダイエットを続けると宣言していた。
痩せてかなりの美人さんになったので、新たな人生に暖かい光が射しますように。

10/19 闇金ウシジマくん

山田孝之君がちょっと暗めのテンションなのに、
ドラマ全体はコミカルに描かれているのが緻密で面白い。

借金を重ねていく人たちが凄くリアルで、
借りる人って本当に返す時のことを考えないでどんどん借りて、
取立てに行ったら「鬼!」って言うんだろうな~って思うね。
実際に借金で苦しんでる人は見るのが辛いドラマかも?
自分は借金しないように、コツコツ頑張ろ。

★Web拍手★
拍手ありがとうございますー。
元々あまり期待してなかったせいか、
余計に面白く感じてます。
やべ君の呼吸が上手いのでしょうか?
片瀬さんも、やりすぎてなくていつもより可愛く見えません?(どーいう意味じゃい)

10/17 Dr.ドリトルVS Pリポート

日曜9時枠対決。

視聴率は16.0%と7.7%で「ドリトル」の圧勝だったが、「Pリポート」面白いですよー。
松雪さんが美しくて素敵だし、あの小日向さんがスカしてるし、意外と要潤がカッコよろしい。
「ドリトル」は感動的に作られているが、今のところ、予想の範疇を出てないのですよ。

きっと大勢が「ドリトル」をリアルで見て、「Pリポート」は録画なのだね。
そう思いたい。

10/15 薄桜鬼 新選組炎舞録

主演・早乙女太一の舞台を観てきました。天王洲銀河劇場にて。

『薄桜鬼』は元は乙女系ゲームで、主人公・千鶴が新撰組隊士と恋仲になるらしい。
「新撰組と鬼の対決」というゲームならではの架空の設定もあるのですが、
私はそんなこと知る由もなく、早乙女太一(土方歳三)・黒川智花(千鶴・ゲームオリジナル)・
木村了(風間・ゲームオリジナル)・窪田正孝(沖田総司)・中村倫也(斎藤一)のラインナップに、
「こんな(私の好きな役者が揃いまくる)奇跡のキャスティングはもう起こらーん!!」と、
私と似た趣味のまこちゃんを誘って、勢いでチケットを取ってしまった。
するとゲーム好きのまこちゃんは、わざわざこのゲームをプレイして
あらすじやキャラまで勉強してくれたのだ!
なんて素晴らしい情熱! 
そして、抽選でゲットした席は4列目という幸運。
土方さん(早乙女)のキレの良い殺陣も沖田君(窪田)のアンニュイな表情も、
肉眼でばっちりでした。

「テニスの王子様」や「BREACH」のミュージカルから分かるように、
実写化するとどうしても「子供騙し」になる印象が否めない。
しかしこの芝居は、物語の大事なポジションにちゃんと芝居が出来る役者を置いているので、
とても見応えがあった。
同行のまこちゃんも私の思惑通り窪田君にハマり、彼のブログだけでなく、
他のキャストさんのブログチェックに勤しんでいるそうです。

来年2月にDVD発売が決まっているが、迷い中。
再演があるとしても、これだけのキャストはもう揃えられないだろう。
でも8,200円って、高いよね……。
見事に早乙女太一ファンだけを念頭に置いた値段だ。
確かに我々より前の3列は年齢層が高く、お着物をお召しになった妙齢のお嬢様方で
「早乙女太一ファンクラブ席」だったからなあ……。

まあ、いい舞台だったことには間違いないので、
DVD購入についてはもう少し迷ってみようと思う。
ともあれ、窪田も中村も殺陣の筋がいいし、今後、時代劇のお仕事も出来るね! 
楽しみにしておりまする。

薄桜鬼 碧血録 第一巻 〈通常版〉 [DVD]
アニメがただいま、MXテレビ月曜深夜1:30~から放送中。
斎藤さんが麗しいことになってます。

10/11 キングオブチェアー

粉や水を被っても大丈夫なランクのタレントたちが、特定の場所にある無数の椅子から、
「キング」と呼ばれる椅子を探し出し、勝ち取ったものが賞金を手にする椅子取りゲーム。

第1回は廃校で行われたが、簡単に座れる椅子ばかりでなく、座ったら壊れたり、
プールのど真ん中の浮島に乗っていたり、
トランポリンを使って天井から引きずり降ろしたり……。
なかなかのサバイバル振りだった。

「人が椅子から転げる」「落とし穴にハマる」「プールに落ちる」サマがこんなにも面白いかと、
笑いの初心を思い出させてくれて新鮮だった。
かの『ドリフ』を楽しむような気分でこれからも見られたらいいなあ。
(ヘンな演出足さないで下さいねー)

10/17~22 2010秋ドラマ予想③

●「パーフェクト・リポート」(10/17・フジ・日曜・21:00~初回は22:09迄)
出演:松雪泰子、小出恵介、小日向文世 など

フジの新しいドラマ枠。
「明日からまた頑張ろう」と思えるようなドラマ作りを目指すそうな。
TV記者の蒼山(松雪)は敏腕だが、協調性が足りず、社会部から遊軍取材班に回されてしまう。
そこで出会った部下たちは落ちこぼれの集まりだった……。

最近、松雪さんは「生活に疲れたシングルマザー」役が多かったので、
職業モノは久し振りじゃないだろうか。
「容疑者Ⅹの献身」の影響だろうが、こっちの松雪さんの方がそもそもの主軸かと。
キャストのバランスが良いので面白いと思うが、裏が「獣医ドリトル」なんですよね……。
数字低かったら、小栗&成宮のせいです、きっと。

●「流れ星」(10/18・フジ・月曜・21:00~初回は22:09迄)
出演:竹野内豊、上戸彩、松田翔太、北乃きい、稲垣吾郎 など

竹野内&上戸さんで純愛物語。
どうでもいいですが、上戸さん、ドラマ出過ぎじゃないでしょうか。
事務所の策略?(結婚させないぞ、的な)
イメクラ嬢といっても「設定」止まりになりそう。
兄の借金を返すためにそうするしかなかった女性の、
苦しさとか強さが彼女に表現出来るんだろうか。
竹野内さんは安定してるから、まあ、いつも通り「口下手な男」をやるのでしょう。
無難な男ですよ。
翔太君の外科医は、「そんな医者いねぇー!」とツッコみながら見たい。
だって、病院にはいないでしょう、あれは。

ドラマとしての面白味はあまり見い出せないが、
大東俊介が月9に進出ってのが嬉しいです。
自分のミスで入院してたのに、いい仕事貰ってるなぁ。
マネージャーさんが偉い。

●「モリのアサガオ」(10/18・テレ東・月曜・22:00~初回は23:09迄)
出演:伊藤淳史、ARATA、香椎由宇、柄本明 など

郷田マモラ著の同名漫画が原作の、社会派エンターテインメイト。
これまで描かれていなかった死刑制度に踏み込んだドラマだ。

前振りとして10/11に「実録 刑務官と死刑囚~死刑執行・最期の5日間」が放送された。
先日初めて公開された「死刑場」の写真も使って、
リアルな再現ドラマが演じられたが、これがもう、凄かった。
アレを見てしまうと、「モリのアサガオ」見なきゃ終われないです。いい手口だ。
伊藤君の「新人刑務官」は人情的過ぎかなと思うけど。
裏番組が「SMAP×SMAP」「しゃべくり007」で強敵だが、私はこのドラマは全部見る。

●「フリーター、家を買う。」(10/19・フジ・火曜・21:00~初回は22:09迄)
出演:二宮和也、香里奈、竹中直人、浅野温子 など

有川浩著の同名小説が原作。
悠々自適なフリーター生活を送っていた誠治(二宮)だったが、
母親(浅野)がうつ病になったのをきっかけに「家族再生」を目指して奮闘するお話。

ニノのフリーター、似合いそう……。
そして浅野さんが久し振りの連続ドラマ出演! やったあ!
最近は舞台でしかお見かけしていなかったので、とても嬉しい。
うつ病の浅野さん、怖いだろうなあ。
竹中・浅野・井川・ニノと、いかにも噛み合わなさそうな家族がどう生まれ変わるのか、
非常に楽しみである。

●「相棒 Season9」(10/20・テレ朝・水曜・21:00~)
出演:水谷豊、及川光博 など

TVを殆ど見ないウチの母親が必ず見るくらい、熱心なファンの多い作品。
1話完結だし、数名の作家で書いているがそれぞれのクオリティも揃っているので
いつ見ても大体面白い。
今回も安定した視聴率を得るでしょう。
水谷さんの過剰演技がちょっと目に付きますけどね。

●「黄金の豚-会計検査庁 特別調査課-」(10/20・日テレ・水曜・22:00~初回は23:09迄)
出演:篠原涼子、岡田将生、大泉洋、生瀬勝久 など

元・詐欺師の芯子(篠原)が会計検査庁にスカウトされ、調査官として悪行を暴くお話。
設定からしてかなり無茶をしていますが、勧善懲悪モノってことでしょうか。

ドラマ業界の篠原涼子に対する信頼の大きさって、何なんでしょうね。
「ハケンの品格」(`07)再びを狙ってる?
脚本が「キイナ」「働きマン」でご存知、吉田智子氏なので、
テンポよく見せてくれることは間違いないでしょう。
篠原VS生瀬を楽しみにしたかったが、メインは篠原VS大泉だろうなあ。
まさに「ハケン」リターズ。
リズムのいい台詞回しになるだろうから、岡田君、頑張って付いて来てね!

●「ナサケの女~国税局査察官~」(10/21・テレ朝・木曜・21:00~)
出演:米倉涼子、柳葉敏郎、塚本高史、武田鉄矢 など
 
こちらも税金の査察官のお話。
米倉さんも定期的に主演をやりますねぇ。
今回も「松本清張シリーズ」や「交渉人」と同じスタッフさんなんでしょう。
事務所(オスカー)枠ですか?
そして「交渉人」では城田優が、今回は瀬戸康史が出ていて、
どうやらナベプロ枠も存在しているらしい。

米倉さんはとってもキレイだし、トレーニングや体のメンテナンスも気を遣って努力してるし、
気さくでいい人なんだろうと思うのですが、芝居に関しては色気も魅力も見えません……。
申し訳ない。
今回、篠原涼子と役が被ってるのはお気の毒ですな。
柳葉さん、勝村さん、塚本君辺りが、ドラマはちゃんとそれらしく見せてくれるでしょう。

●「検事・鬼島平八郎」(10/22・テレ朝・金曜・21:00~)
出演:浜田雅功、内田有紀、松重豊、西村雅彦 など
 
鍋島雅治、池辺かつみ共著の同名漫画が原作。
浜ちゃんが新人検事役に挑むそうです。「中年の星」って狙いですかね。
型にハマらないやり方で事件を解決するって、「HERO」みたいなことかな……。

実際、変わった弁護士(茶髪・グラサンみたいな)は結構いますが、
検事は(仕事中は)まともな方が多いですけどね。
そして浜ちゃんは何を演じても「浜ちゃん」なので、役ってあまり意味を成してない気がします。
あ、特別出演扱いですが、ビートたけし氏も出るそうです。


今期、割と楽しめそうなドラマが多いです。
キャストが好きってのはとりあえず置いておいて、
ドラマとして面白そうだなと思うのは、
「ギルティ 悪魔と契約した女」
「セカンド・バージン」
「医龍 Team Medical Dragon3」
「モリのアサガオ」
「フリーター、家を買う。」
ってことでお願い致します。

★成瀬葉さま★
拍手ありがとうございます。
少しでも参考になると嬉しいです。

★Web拍手★
拍手ありがとうございます。
通例として、冬ドラマは割と当たりが多いので、
気になった作品がありましたら見てみて下さいませ。

★コメントの方へ★(私信だったので削除しました)
どなたなのか、見当はついてますが。
私にまでわざわざお疲れさまです。

10/12~17 2010秋ドラマ予想②

※放送時間の記載にいくつか間違いがあったので、修正を入れました。

●「セカンド・バージン」(10/12・NHK・火曜・22:00~)
出演:鈴木京香、深田恭子、長谷川博己 など

大石静氏が不倫をテーマにした大人の恋を描く。出
版社に勤める中村るい(鈴木)は、
本の出版で知り合った実業家・行(長谷川)から熱烈なアタックを受ける。
バツイチということもあり、最初は戸惑いを見せるが……。

すっごい「ちゃんとした」ドラマになりそう。
普通なら正妻→鈴木、不倫相手→深田となりそうなところが、立場逆ですからね!
正妻・深田。
……勝てる気がしない……。
一般的に不倫は宜しくないのですが、
このドラマはついつい鈴木女史を応援してしまいそうですね。
でも、妻がいる男性との不倫は男性が楽しいだけなので、あまり賛成しません。

●「闇金ウシジマくん」(10/12・TBS・火曜深夜・00:55~)
出演:山田孝之、片瀬那奈、崎本大海 など

真鍋昌平著作の同名漫画が原作。
タイトル通り闇金業者の話だが、テレビ誌によると「ダークヒーロー」……なの?
「ミナミの帝王」的な?

役作りに熱心な山田君らしく、外見は原作そっくりらしい。
山田君主演だとシリアスなのかなと思うが、共演が片瀬、崎本となると、
「コメディなの?」と思ったりして。
(原作を知らないので)珍しく予想がつかないドラマですが、
重くて暗い山田君は見飽きているので、違う面が出ていたらいいな。

●「京都地検の女」(10/14・テレ朝・木曜・20:00~初回は21:48迄)
出演:名取裕子、寺島進、益岡徹、蟹江敬三 など

第6弾なんですって。しかも初回が2時間SPって、そんなにドル箱なんですか?
名取さんは検事・弁護士・検察医などさまざまな職業シリーズを持っていらっしゃるので、
もう、どれが誰だか良く分からんです……。
地味に、「チームバチスタの栄光」に出ている看護師役の名取さんが好きです。

●「医龍 Team Medical Dragon3」(10/14・フジ・木曜・21:00~初回は23:09迄)
出演:坂口憲二、小池徹平、阿部サダヲ、佐々木蔵之介、夏木マリ、岸部一徳 など

人気シリーズが3作目を迎える。
原作は乃木坂太郎著の小説だが、「3」はオリジナルストーリで展開。
天才外科医・朝田(坂口)率いる「チームドラゴン」が再び終結し、
国際化が進む医療の現状を描いていく。
お馴染みのメンバーに加えて、「1」に出ていた加藤医師役・稲森いずみが復活し、
谷村美月が研修医・真柄として新参入。
イロモノ担当・木原先生(池田鉄洋)も健在ですよー。

オリコンリサーチの「新ドラマ期待度」で1位だったことからも、ハズレなしかと。
だって阿部サダが! 麻酔医・荒瀬役の阿部サダ君が超絶的に可愛いです。
今回またひと騒動起こしそう。
まったく、駄々っ子なんだから。(可愛い……可愛い……!←心の叫び)
あと、私的ですが、このドラマの小池徹平だけは人にお勧め出来ます。
(他はどうなんだとか言ってはいけない)

フジテレビの悪い癖でトラブル過剰な演出(放送終了5分前に突然心停止とか)も多いが、
音楽が良いのか、患者が助かった際には本当に「良かったな~」と思えます。
今回も抜群のチームワークを楽しみましょう。

●「渡る世間は鬼ばかり」(10/14・TBS・木曜・21:00~初回は22:48迄)
出演:泉ピン子、宇津井健、えなりかずき など

「渡鬼」10作目にして最終シリーズ。
これまで何作か見たが、必ず心が挫けるので、最近は見ないようにしていた。
だって自己中な人が多すぎる……。
リアル社会はそうかもしれないが、あんな人たちに囲まれたらとても生きていけないよ。
以前、「自分の方がまだマシ」と思わせて元気付けるのが狙いかと疑ったものだ。
でも、最終章なら見てみようかな。きっとまた見た後に疲労するんだろうけど。
微かでいいから、最後には救いを残して下さいね、橋田先生。

●「秘密」(10/15・テレ朝・金曜・23:15~)
出演:志田未来、佐々木蔵之介、石田ひかり など

東野圭吾著の同名小説が原作。
バスの事故で心が入れ変わった母と子、そして父の姿を描くヒューマンドラマ。
いや、私、原作ファンでしてね。
ついでに小林薫×広末涼子×風吹ジュンで作られた映画版も大好きでね。
何故、今更連続ドラマ? 主演・志田未来?

佐々木氏と石田さんはいいですよ。きっと出来ますよ。
でも、志田さんにお母さんは無理でしょうー。母親の深い愛情なんて示せないでしょうー。
安易に東野作品に手を出さないでいただきたい。
ドラマがどうなるか分かりませんが、「秘密」は、とても悲しくて優しくて美しい物語であり、
原作と映画は素晴らしいです。
それだけは今のうちに言っておきます。

●「Q10(キュート)」(10/16・日テレ・土曜・21:00~初回は22:09迄)
出演:佐藤健、前田敦子、薬師丸ひろ子 など

「野ブタ。をプロデュース」「すいか」などで知られる脚本家・木皿泉のオリジナルストーリー。
高校三年生の平太(佐藤)と人型ロボットQ10(前田)の恋物語。
なんだかアニメ「ちょびっツ」を彷彿とさせるんですが、気のせいですか? 
そして同級生役に蓮佛美沙子、賀来賢人、細田よしひこって、コントか。
ちょっとは10代混ぜて下さいよ。
蓮佛さんは「君に届け」で先生やったり、今度は高校生やったり、忙しいですねぇ。

佐藤健をこういうドラマで使うのは勿体ない気もしますが、
(ライダー以外で)初主演だし、木皿さん脚本だし、まあいいか。
前田嬢は、何ひとつ損はしないでしょう。
男女問わず、最近の子は無口で愛想のない役をやらせると、大体上手いです。
健の邪魔にならないならそれで良し。
因みに前田ちゃん、結構好きです。
篠田と小嶋の方が、より好きですがね。

●「獣医ドリトル」(10/17・TBS・日曜・21:00~初回は22:14迄)
出演:小栗旬、井上真央、成宮寛貴、國村準 など

夏緑、ちくやまきよし共著の同名漫画が原作。
凄腕の獣医師・鳥取(小栗)は誰もが認める腕を持っていたが、
金と飼い主に厳しいと評判で……。

猫も杓子もペットに入れ込むこのご時世、
小栗さんがこのドラマをやるのはとても意義があると思う。
「冷徹な医師キャラ」ではなく、「鳥取健一」として、
ペット依存が激しい現代に一石投じていただきたい。
ライバル役には成宮君。がっつり対等なライバルなら見応えありそう。
藤澤恵麻も久々の連ドラ。留学から帰ってきて、復帰作がゴールデンとは、
さすがseventh avenue。(井上真央、松嶋菜々子が所属)ねじ込みますな。

あと獣医一家、土門家次男・順平役に、菅田将輝。
この人はそのうち登ってくるんじゃないかと踏んでいる。

放送中~10/12 2010秋ドラマ予想①

既に始まっている作品もあってちょっと出遅れましたが、
秋に始まるドラマの予想をしてみました。

●「てっぱん」(放送中・NHK・月~金曜・8:00~)
出演:瀧本美織、安田成美、遠藤憲一、富司純子 など

「ゲゲゲ~」の恩恵で、好発進の様子。
高校三年生・あかりの成長と家族愛を描いた物語。
あかりが故郷の尾道を離れて大阪に就職したので、安
田成美さん(あかりの母役)があんまり見れなくなると残念だが、
大阪編キャストは個性的な人が揃っている。
富司さんを筆頭に、
ともさかりえ・竜雷太など、あかりちゃんを盛り上げてくれることでしょう。
のどかな田舎から出てきたあかりが大阪に慣れるまで、
最初バタバタする姿は面白そうだ。

●「クロヒョウ 龍が如く新章」(放送中・TBS・火曜・25:55~)
出演:斎藤工、魔裟斗、岩城滉一 など

人気ゲームのドラマ化。若者たちの友情と青春を描くらしい。
暴力的な日々を送っていた龍也(斎藤)はキレると自我を失くしてしまうが、
自身はそのことに気付いていない。
ある日、ヤクザとのトラブルに巻き込まれた友人を助けに行って、
若頭を殺害してしまう。
それを楯に、怪しげな格闘ゲームに参加することになり……。

まあ、深夜らしいドラマ。
重々しい雰囲気を作っているのに若手を多数起用しているので「厚み」に欠けるのが難点。
石田卓也が友人役で出ているが、彼を主演にした方が骨太な作品が作れただろう。
キャスティングの時点で失敗している気がする。

●「FACE MAKER」(放送中・日テレ・木曜・23:58~)
出演:永井大、日向千歩 など

天才美容整形医師・霧島(永井)の元を訪れて顔を変えた人が、
そのことによって出会ってしまう数奇な運命を描くサスペンス。

1話完結なので視聴者には見易い作品。
ラストのどんでん返しは結構ゾッとさせられる。
永井氏主演だがあまり喋らないので、いい感じだ。(ええっ)
2時間サスペンスでも長くて面倒くさいという人に丁度いいかも。

●「SPEC~警視庁公安部公安 第五課未詳事件特別対策係事件簿」
(放送中・TBS・金曜・22:00~)
出演:戸田恵梨香、加瀬亮、福田沙紀、城田優、神木隆之介 など

タイトル長すぎです。(ここはツッコむのが礼儀)
堤幸彦氏演出で人気ドラマ「ケイゾク」続編としても話題の多いこの作品。
同僚に重症を負わせて特殊能力を扱う部署に飛ばされた瀬文(加瀬)。
そこにいたのはIQ200の頭脳を持つ更なる変人・当麻(戸田)だった。
二人は早速タレント議員の警備をすることになるが……。

堤氏演出なのでいろんな方面で過剰だが、若者にはウケそう。
瀬文も当麻も両方変人なので、どうまとめていくのかが鍵になるか?
謎の少年・一十一(ニノマエ・ジュウイチ)役、神木君が物語をどう左右するのか、
大変気になるところだ。

●「嬢王3~Special Edition~」(放送中・テレ東・金曜深夜・00:12~)
出演:原幹恵、渡部豪太、明日花キララ など

このシリーズ、そんなに人気あるんでしょうか。
倉科遼(原作者)に儲けさせるのはそろそろ良かろうよと、つい思ってしまいます……。
カリスマキャバ嬢になって引退した舞(原)だったが、
事故に巻き込まれ借金を抱えていたところを櫂人(渡部)に助けられ、
櫂人が店長をするキャバクラで働くことになり……。

原嬢は、童顔・巨乳で男性陣には人気があるのでしょうが、
正直、行き過ぎたカマトト振りがいい加減面倒くさいです。
普通にしてても十分可愛いと思うのですが。

前シリーズでは原紗央莉のお色気と、まるでホラーのような迫力がお気に入りだったが、
今回のライバルはどうでしょうね。
昨今珍しい「ポロリ」があるテレ東ドラマなので、内容はあまり問わず、
素直に露わなおっぱいを堪能し、キャバクラにハマッてる男性はこれを見て我に返りましょう。

●「クローンベイビー」(放送中・TBS・金曜深夜・00:35~)
出演:市川知宏、松坂桃李、滝裕可里 など

主要キャストをオーディションにて選抜し、その模様を「Ustream」にて完全生中継!
と、新しく挑戦する姿勢を大事にした新ドラマ枠。
同じ遺伝子を持つクローン人間同士が1つの椅子を争ってバトルするサスペンスミステリー。
苛められてばかりの正宗(市川)は「こんな人生たくさんだ、誰か変わってくれ!」と叫ぶ。
それを聞いたヒロ(松坂)は正宗に近付き、成り代わろうとするが……。

初回にして、なかなか不気味なドラマだった。
市川君があのガタイで意志の強い眉でいじめられっ子って! と違和感もあるが、
松坂君が、彼にとても合う謎めいた役をやっているのでこれは見るのが楽しみ。
でも、1話にしてオチまで見せてしまったのでは? と思われる描写があった。
あれはただの伏線で、他に大オチがあることを願う。

●「霊能力者 小田霧響子の嘘」(10/10・テレ朝・日曜・23:00~)
出演:石原さとみ、谷原章介、大島優子 など

ここも、ドラマ枠としては新登場。甲斐谷忍著の同名小説が原作だ。
人気霊能力者・小田霧響子はテレビ出演時だけの姿で、実際は地味な女性。
そんな響子が謎の男・谷口(谷原)と組んで超常現象の調査をすることになった……。

初回をまだ見てない。
多分石原さんがバタバタキャーキャーするドラマのような気がしてますが、どうでしょう。
でも相棒役の谷原さんは受け芝居が上手いので、
何とかかんとかまとまるのではないだろうか。

●「ギルティ 悪魔と契約した女」(10/12・フジ・火曜・22:00~初回は23:09迄)
出演:菅野美穂、玉木宏、吉瀬美智子、唐沢寿明 など

冤罪で服役させられた芽衣子(菅野)が彼女を罪に追い込んだ人間を陥れていくミステリー。
とある事件を捜査中の刑事・真島(玉木)はトリマーとして働く芽衣子と知り合う。
生き物を大切にする芽衣子に感心する真島だが、芽衣子には裏の顔があった……。

とても楽しみなドラマ。
一生懸命キャラの菅ちゃんも可愛いが、やっぱり「恋の奇跡」(’99)のような
悪女役の彼女をたまには見たいじゃないか。
そこに唐沢さんも絡んでくるとなれば、本格ドラマとしての見応えは間違いない。
「菅野美穂、実は性格悪い」と噂が流れるくらいの悪女となってほしい。

対策完了

ようやく、我が家も地デジ対策が整いました。
テレビもレコーダーも新調です。(以前のレコーダーも併用)

お疲れさま、ブラウン管テレビ!
一般家庭にあるまじき頻度で使い倒してごめんね!

ただいま、新ドラマを分析中。
お楽しみにー。

9/29 ビートたけしのあと1回だけ見ちゃいけないTV

相変わらず、ぶっ飛ばしてますなぁ。
今のテレビではきっと「やっちゃいけない」とされてるあれやこれやが目白押しでした。
苦情の電話が全然来てないってのは、本当でしょうか。
本当なら、日本もまだまだ捨てたもんじゃない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。