FC2ブログ

今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARASHI 5×10 Anniversary Tour

国立競技場7万分の1になってきた。
7万人ってことは、1人当たり14,000人を一瞬一瞬背負う事になる。
実際に会場に入ると、夢の島のゴミか、顕微鏡で微生物を見ているかのような多量の人間の粒。
いやはや、嵐のためにあれだけの人数が集まる日が来ようとは。

10周年記念というだけあって、昔の写真や映像が多く使用されていた。
Wアンコールを含めて3時間半強のライブ。
しかし、殆どシングル曲で構成されていたせいか、長いとは思わなかった。
(私は通常、2時間半を超えると「長いよ」と言い出す客である)

演出も、花火・火炎・水・風船など、飛ばせるものは何でも飛ばしとけ的な感じ。
毎度毎度、松潤の演出は、金かかるよなぁ……。放蕩息子め。
フライングも、もはやジャニーズのコンサートでは定番だが、
今回はメインスタンド約30mの高さから、
バックスタンドまでの200mの直線距離を飛ぶという大仕掛け。
……あのね、君たち、自分が人間だって自覚ある?
屋外で、そんな高さで飛んじゃいけませんって。本当に危ないって。
ちょっと、あの演出に関しては反対派ですわ。もしもの際に、取り返しつかないっすわ。
せめて屋内でやって下さい……。(屋内でも心配だけど)

残念だったのは2点。
①ニノ以外全員、ソロ外してた。
②『truth』でフライングしてどうするの! 踊らんかい!!

とまあ不満もありましたが、十二分に満足できたライブだった。
欲求を言い出すと切がないが、11年目も応援してますよ。
10周年おめでとさん。
スポンサーサイト

派遣のオスカル~少女漫画に愛をこめて

NHK金曜22時放送中。
久々に、細かいところをツッコむ。
派遣社員の勝子(田中麗奈)が奮起して初めて自宅で企画書を作り、
それを手に「やったー!」と歓喜するシーン。
どう見ても部屋の中にプリンターがないんですけど。
ノートパソコンからケーブルも出てないんですけど!! 謎っす。

ドラマは、昼ドラちっくだが結構好きな感じ。
でも、ああいう少女漫画崇拝者って、ちょっとコワイ……。

世界陸上ベルリン大会

連日、世界陸上が放送されていた。
結果、私が見たのは「男子やり投げ・予選」「男子競歩」
「女子走り高跳び・決勝」「男子走り高跳び・決勝」くらいだろうか。
見たい競技はいろいろあったのだが、あまりにタイムテーブルが曖昧で、
チェックの仕様がなかった。
毎晩5時間も、ひとつの競技を見たいがためにチャンネルを固定するのは不可能だ。
(物理的にではなく、精神的に)
はしゃいだ織田さんを見てるのも結構な負担だしね……。
(この点の感じ方には個人差があります)

オリンピックの時は放送時間が大体設定されているのだから、世界陸上だって出来るだろう。
いい加減、適当に放送して記録が出たら囃し立てるという恥ずかしい報道のやり方は
どうにかならんのか。
やり投げも、予選は見たが、決勝がいつだったのか分からなくて、見られなかった。
ううむ、トラック競技より、投てき競技や高跳び・幅跳び系が好きな私が悪いのか。
3000m障害とか、めちゃくちゃ面白いのに。
大人が必死で水の中ばっしゃばっしゃ走ったり、平均台ちまちま渡ったりするんだよ!
(これも見逃した)
競歩の山崎選手も、反則失格になってしまい、残念。
今年は期待が高かったし、Qちゃん直々に活入れてくれたのにね。

陸上において、100m・200m・マラソンが花形なのは分かっているが、
他の競技を楽しみに見てる人間もいるのですよ。
日本人が出るとか、関係ないんですよ。
今後もTBSさんが独占放送するようなので、少しずつ改善していただきたいものである。

★拍手して下さった方★
ブログ拍手、ありがとうございます!
不定期更新ですが、また見にいらして下さいませ☆

SONGS

NHKの音楽ドキュメント番組。2週連続で中森明菜の特集だった。(1週目は見逃した。無念!)
カバー曲を収録した「歌姫シリーズ」の最新作のレコーディング風景&インタビュー。
そしてスタジオライブでは「異邦人」「なごり雪」「恋の予感」「恋(松山千春)」を聴かせてくれた。

いやはや、圧巻でしたよ。
この人の歌への情熱は静かながら熱く、本当に全霊をかけて歌っているんだなぁと、
じんとさせられる。
でも切ない歌ばかりピックアップされ易いのはちょいと不満。
明るい歌を歌ってる時の笑顔も凄くチャーミングなのにな。

また、この年代の元アイドルたちは大抵ママになり、バラエティに出ることも多くなったこの頃、
ここまで「歌手」を貫く姿勢も素敵だ。(女優業もたまにあるが、あくまでイレギュラーである)
最近は若い女性歌手が出てきただけで「歌姫」とはやし立てる風潮があるが、
私にとって「歌姫」の称号は、中森明菜にのみ、与えられるものだ。
さしずめ聖子ちゃんは、「永遠のアイドル」ですかね。

★まこちゃん&さどさん★
はっ! 2人とも、大佐擁護派か……。
けちょんけちょんに言わなくて良かった。(言いませんて、ネットでは・笑)
大佐に関しては、アームストロング少将(姉の方)と同じ見解です。
だって、ヒューズさんが好きなんだもん。

鋼の錬金術師

アニメ第2弾が放映中ですが、噂によると、視聴率が宜しくないそうな。
そいつは意外。私は第1弾より面白く感じている。
まあ、無理やりシンの国編になだれ込んだから、その辺は力技だなぁと思ったが、
スピード感あるし、原作がしっかりしてるからストーリー性高いし、キャラクターも魅力的だし。
アニメにしてはレベル高いと思うのですよ。

要するに、日曜の17時からだから、リアルタイムで見る人は少ないって解釈で良いのだろうか。
(私も録画派である)
話数の都合上、原作とは違うエピソードが多々入って来ているが、
大佐が親友の敵討ちをするくだりは極力原作を遵守してほしい。
初めて大佐をカッコいいと思った、貴重な瞬間なのだから。(何てこと!)

THE GAME~Boy’s Film Show~

大手芸能事務所、アミューズのイベントに行ってきた。
若手俳優によるオムニバスショートムービー(全5話)の上映と、トーク&ゲーム会。

ムービー出演者は事務所の若手約40名。
出来は概ね良かったが、神木君と健氏の力量が群を抜いていた。
あと、柳澤君が小器用で、使い勝手良さそう。
彼はもう少し年を重ねた方が面白くなるかも。(岡田義徳タイプか)
知人が押している桜田君も、今後に可能性を感じた。
あとは、……精進して下さい……。
アフタートークには、賀来賢人、風間由次郎、青柳塁斗、阪本奨悟、
佐藤健、神木隆之介、植原卓也、桜田通、橋本淳、 柳澤貴彦(ステージ並び順)が登場。

※まだ明日もあるのでネタバレは控えます※

私は神木君ラヴなので、ほぼ彼を観に行ったようなもの。(10%くらいは健も観たかったが)
いやぁ、生神木、凄い威力でした。
彼自身、こういったイベントの経験が少ないためか、“きゃっきゃ”してた。
可愛すぎる。あれはいかんわ。さすが子役上がり。(本能的に見せ方を知っている印象)
他の子目当てで来た女子たちも、最後には神木君が喋るたびに「可愛いー」の声援が。
まあ、普段ドラマや映画でしか見られないから、余計に意外性があるんでしょうな。
私も驚いたよ。彼があんなにテンション高いとは。(だけどうるさくはないので好感)

会場一体で幾つかのゲームをして、最後はそれぞれの挨拶。
締めが健氏だったのですが、とてもちゃんと喋っていて、驚く。(失礼)
でも、「神木君とは初めてのお仕事だったんですが、凄くいい子で……」って、君、後輩では……?
(年齢は上だけど)
まあ神木君も喜んでたので良しとしましょう。

全体的に押し付けがましくない、ほんわりしたイベントだった。
こういうのなら、また行ってもいいなぁ。あ、神木君が来るならですが。
このイベントのDVD発売も早々に決定したそうだが、
なかなかにいいお値段なので、おそらく買わない。

エブリ リトル シング‘09

舞台を観て参りました。
気になっている役者が出ていたし、銀河劇場ならまあハズレることもなかろうかと。
ところが、見事にハズしてしまった。1時間40分が驚くほど長かった。

目当ての役者はテレビで何度か見た女優で、今回初舞台。
過度の期待はしていなかったが、映像ほど輝きは感じられず、ちょいと残念。
そして他にも初舞台の役者が数名いて、出演者は総勢25名。
なのに、目のやり場のないことないこと。劇場が泣くよ。(いや、泣きたかったのは私)
メインどころに、私の好きな演劇ユニット*pnish*の森山栄治君がいたので、
彼が出てるシーンは安心して見られたものの、養成所のレッスン生的な押し芝居を観させられ、
辟易してしまった。(全員がどこかしらの事務所に所属しているというのに!)

今回観ていて思ったのは、「お金があるって罪だなぁ」って。
このレベルのお芝居なら、本来は300席もある劇場で余るだろう。(銀河劇場は約750席)
でも、事務所の協賛がついてるとあんな大きな劇場が使えちゃうのだね。

不思議と、羨ましくはなかった。「ああはなるまい」と思っただけだ。


★まこちゃん★
東京M8、見ましたか!
結構考えさせられて、真面目に見ちゃうんだよね~。
でも確かに、まこちゃんが「ライダー」と言うと、変身する人のことみたいだ(笑)

リンクの変更よろしくです。
こちらもまこちゃんち、リンクできるように勉強します……(苦笑)

★さどさん★
2日連続で揺れると、さすがに脅威ですな。

ナツコ嬢の出てるライブって、……アキバ?
テレビで見ても可愛いから、本物はさぞ可愛いでしょうよ。
ああいう貪欲な人、私は好きですよ。
あんまり大成しそうには見えませんが。
(事務所がデカいと伸びるタイプだ)

飲み会ねー。
さどさん、ギリギリまで予定分からないからなぁ(苦笑)
まあ、まこちゃんも公演終わったから、そろそろ集まれるかもね☆

東京マグニチュード8.0

フジの木曜深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放映中。
東京でM8の地震が起きたら? を想定して作成されたアニメだ。

中1の少女・未来は、小学生の弟・悠貴とお台場のショッピングモールに
母親への誕生日プレゼントを買いに来た。
そこで大地震に遭遇。
バイク便のライダー・真理に親切にして貰い、一緒に世田谷の家を目指す……。
訳ですが、いや、東京にこんな地震来たら、ホントにどーなっちゃうんでしょう。
先週ついに東京タワー倒れちゃったし。
でもテレビは映ってる。第2東京タワーが出来てるのかな。(近未来の設定)

しかしもう、主人公の未来ちゃんが自己チューなんですわ! 
小学生の弟に当り散らすし、真理さんの親切にも「ありがとう」が言えないし、
「何であたしが」みたいなことばっか言ってるし。
何でもかんでも人のせいにしちゃうんですね。13歳って、そんな? 
でも、避難場所で、孫を亡くしたのに懸命にボランティアとして働く老人を見て、
少し気持ちに変化が現れたようだ。もっと人に優しくなれるといいねえ。

これを見てると、実際に自分はどうするだろう、どうすればいいんだろうって、考え易い。
とりあえず3日くらい凌げば、日本中どこでも救援物資が届くみたいだから、日本ってすげぇと思います。
水飲んで大人しくしてたら生き残れそう。携帯も人間も、バッテリーは極力温存が良いようだ。

★さどさんへ★
掲示板はそのうち無くそうかなな予感なので、コメントは記事に付けて下さいませ。
浅井企画さんはのどかな雰囲気の事務所さんなので、怖くなくて好きです(笑)
ミータスも浅井さんなのか……。またラジオやってるんでしょうか?
ミキはたまに「ゴールドハウス」で見るね。
ナツコはもうソロデビューしたのかな? さすが、ちゃっかりさんだ。

ビートたけしの絶対見ちゃいけないテレビ

生放送で、たけしさんがやらかしていた。(第2弾)
中味は下品・危険・馬鹿のオンパレード。
小向美奈子を引っ張り出してきたり、途中、ビートきよしさんのおちょくりも入れて、
そこはかとなく『昭和』の香り漂う番組になっていた。

しかし、さすが奇才・たけしさん。
近年のバラエティのような片手間感(クイズ番組はもう良かろうよ)がなく、発想が新しくて飽きない。
また『軍団』の結束力も光っていた。
ひな壇芸人は個々の主張が強すぎて辟易させられることも多いが、
軍団さんは賑やかしをやりながらも、たけしさんのペースを崩さない。

クレームは山ほど来たらしい(見なきゃいいのに)が、
そういう人たちが忘れた頃に、第3弾を期待している。

流れ星単独ライブVol.3『力作』

行って参りました、全電通ホール(御茶ノ水)。
『爆笑オンエアバトル(NHK)』『爆笑レッドカーペット(フジ)』に出演している漫才コンビ・流れ星の単独ライブ。
昨年に続き、3回目となる。

ツッコミ・瀧上君の容姿が注目されがちだが(氷川きよし似の美人さん)、コント芸人が多い昨今、
『漫才』にこだわっている男前な芸人さんである。
やっぱり漫才は、舞台で1本15分くらいのをがっつり見ないと、力量は分かりません。
シュールネタが流行りかもしれませんが、彼らのアツイながらも楽しそうに漫才をする姿はとても清々しく、
彼らが三十路に入っていても「青春じゃの~」と、微笑ましく思えます。
体のキレが素晴らしいボケ担当・ちゅうえい氏は、ビール好きのせいかお腹ぽっこりでしたが、
腰を曲げる独特な動き(田植えのような)は安定感があって、テッパンだ。
オンバトでも20連勝・100%オンエアの記録保持者(更新中)なので、今後も漫才の腕を磨いて欲しいです。
しかし瀧上君、漫才中に「俺は売れてェんだよ」って、あまり本気で言わないように。涙出ちゃうよ。

昨年の単独『岐阜浪漫』がDVD発売中。今回の『力作』も冬頃発売予定のようです。
漫才に興味のある方は一見どうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。