今日もツッコめ。

ツッコミ系ライター・坂本みゆのブログです。主にお知らせを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乃木坂46 生駒里奈 卒業公演③

※この後、古株メンバー中心。
セトリのみ載せます。
(生田生駒星野)
・12 ここじゃないどこか
・13 満月が消えた
・14 あらかじめ語られるロマンス
(生駒 桜井 斉藤優里 若月 堀 西野 井上 星野)
・15 無口なライオン

■VTR 乃木どこ・工事中振り返り
番組でも長い付き合いの日村さん、設楽さんからそれぞれメッセージ。
内容覚えてませんが、「見てくれてるなあ」って嬉しかった。

■17 月の大きさ
7枚目シングル「バレッタ」のカップリング曲。
アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』(テレビ東京)OPに使用された。
この後、ナルト(CV:竹内順子)からのボイスメッセージで、生駒ちゃん、今日初の涙。

■19 君の名は希望
■20 悲しみの忘れ方
生田絵梨花がピアノ伴奏を担当。
乃木坂の名曲リストに入る2曲。
どちらも「辛いことを乗り越えて成長する」事がテーマとなっている。
「悲しみの~」は乃木坂のドキュメントムービーの主題歌だった。

■21 制服のマネキン
コンサート本編のラスト曲。
生駒ちゃん自身が「この曲は私の代名詞になる曲」とコメントしました。
この曲のファンはとても多いですし、私が乃木坂で一番好きな曲です。
今も朝、アラームに入れて毎朝お世話になってます笑

この曲がテレビで流れてすぐにめちゃめちゃ気に行ったのですが、
当初は「ダンスがダサい」って言われて、
受け入れられるのに時間がかかった印象がありました。
あれって何だったんだろう?
一部のアンチが吠えただけだったのかな?

人差し指を横に、中指を縦にして左目付近に添える「マネキンポーズ」は、
今や生駒ちゃんだけではなく
乃木坂ファンには必須のポーズですね。

【アンコール】
■走れ!Bicycle
■シャキイズム(マネキンのカップリング)
■ぐるぐるカーテン(デビュー曲)
生駒ちゃんを満喫するためのラインナップ。
ありがとう!
■暗転~作詞家でありプロデュ-サー・秋元康氏からのメッセージ(音声なし)
・オーディションで大人たちの視線に居心地が悪そうだった
・センター予定だったメンバーがデビュー前に脱退。
 迷いなく「生駒をセンターにしよう」と決断した。
・「君の名は希望(第5弾シングル)」は生駒のイメージで書いた。

■Wアンコール 君の名は希望
秋元先生のメッセージの後での「君の名は希望」。
ますます染みました。
メンバー全員がバラを1輪ずつ生駒ちゃんに手渡し。
2~3期生は渡してコメントをひと言程度。
1期生はだいたいハグ付でした。
スポンサーサイト

11/4 TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~

失礼ながら、意外に面白い。
誰かが突出しているのではなく、出演者同士が微妙にぎこちなくて
ビジネスライクな感じが「専門職の職場」という設定と良くマッチしていて
そこがリアルに思える。
そして単純だが、私は英語が苦手なので、管制官役の方々が英語のセリフをきっちり覚え、
いかにも仕事をしているふうに演じてらっしゃるのが「すげー」と思う……。
英語に慣れ親しんでる方は付け焼刃ミエミエでしょうが、私は英語がダメなのでね。

でも、さすがに佐々木嬢の英語の不自然さは飲み込めません。
あの人、何語ならちゃんと喋れるんだろう。
可愛いのに、何かいい使い勝手はないのでしょうか。
彼女で稼いだ周りの大人たちがもうちょっと頑張れ。

劇場版 闇金ウシジマくん

9月中に見ていたので何を今更になってしまうが、
面白かったのでやっぱり書いておこうと思う。

同名漫画が原作で深夜の連続ドラマとして映像化し、最近劇場版が公開された。
原作は未読なので微かなコメディタッチが
原作から受け継いだものか映像化固有のものかは分からないが、
闇金・「カウカウファイアンス」社長のウシジマ君(山田孝之)を中心に、
借金における地獄がシニカルに描かれた作品。

さて、劇場版は原作にもあるストーリーを使っているそうだ。
若者たちを仕切って夜な夜なパーティーイベントを開き、
いずれは自分もセレブになりたいと野望を描く青年・純(林遣都)。
彼の武器は「人脈」で、3台の携帯に入っている3,000件の連絡先が誇りだ。
これまでにない大規模なバーティーを企画した純は、
この成功を足掛かりに更にハイソな世界に乗り込もうとする。
しかし周りのボンボン大学生たちは女子に騒がれてオイシイ思いをしたいだけで
イベントの成功に躍起になる純を鼻で笑っていた。
そんな純が資金繰りに困り、ウシジマ君から金を借りるがそれをきっかけに
ウシジマ君を敵に回してしまう。
闇金を甘く見ていた純は思いも寄らない結末を迎える……。
林君がこれまでのキラキラ・爽やかバージョンじゃない、野心丸出しで小賢しい感じが、
どこまでも静かなウシジマ君と対比になってとても良かった。

映画オリジナルキャラ・未來にはAKB48の大島優子。
夢もお金もなくフラフラ過ごすフリーターで金と男にだらしない母と幼い弟を抱え、
その生活から抜け出すために出会いカフェでバイトを始めるが、
お金を稼ぐことを簡単に考えていた未來は己の人生を見つめ直すようになる。
大島さんがちょっとダサい普通のコを演じていて、敢えての垢抜けなさ加減が上手かった。
あと、彼女はやっぱり声が可愛いね。
女優を目指して頑張っていらっしゃいますが、この人のピークはもっと後にありそう。
今は経験を大事に積み上げて頂きたい。
山田孝之演じるウシジマ君は、かなり無口でそれでいて雰囲気があって、
不気味なところがいい。

映画全体は暴力的なシーンが多いが、退屈する暇がないくらいワクワクのし通しだった。
家で見るDVDにちょうどいいでしょう。
いつ発売かまだ分かりませんが。
++++++++++++++
★Web拍手★
拍手ありがとうございます!
この作品は深夜ドラマ時代から好きだったので、
映画館で観られて嬉しかったですー。
もうご覧になられましたか?
まだでしたら、DVDでぜひ☆

こちらは連ドラ版。
闇金ウシジマくん ディレクターズカット版 DVD-BOX闇金ウシジマくん ディレクターズカット版 DVD-BOX
(2010/12/15)
山田孝之、片瀬那奈 他

商品詳細を見る

2012秋 新ドラマ予想④

■「捜査地図の女」(10/18・テレ朝・木20時~)
出演:真矢みき、石黒賢、草笛光子、渡辺いっけい など

捜査地図を作るのが仕事の刑事・珠子(真矢)が事件解決に挑むトラベルミステリー。
何だろう、何の意外性もなく、きっと想像通りに事件が起きて、
珠子が作った地図で犯人が捕まったりするんでしょう?
それを10回くらい繰り返すんでしょう?
2時間ドラマのシリーズものでよかったんじゃないの?
真矢さんメインのドラマって、腹いっぱいの時に見ると重そうだ。


■「レジデント~5人の研修医~」(10/18・TBS・木21時~初回は22:09まで)
出演:仲里依紗、林遣都、増田貴久、大政絢、石橋杏奈 など

研修医の成長を描く青春ドラマ。
……「コード・ブルー」(主演:山下智久、08年、10年放送)ですよね……。
このテのドラマは安定した視聴率が獲れるので、
コケる心配のない駒を一つ置いておきたいのでしょうか。

仲嬢の芝居には今更驚かせられることはないと思うが、
最近悪い役が多くなってきた林遣都には興味がある。
あと、単体では 薄いが増田の指導医を古田新太が演じるようなので、
コンビとして面白かったらいいな。


■「ドクターX~外科医・大門未知子~」(10/18・テレ朝・木21時~初回は22:09まで)
出演:米倉涼子、田中圭、内田有紀、岸辺一徳、伊東四朗 など

TBSとテレ朝が医療ドラマをがっつりぶつけてきましたねぇ。
制作は「新しい米倉涼子を見せる!」と張り切っているようですが、
彼女のたった一つしかない引き出しがすっからかんなことくらい、
視聴者も気付いているでしょう。

でも、脇はいい人が揃ってますねえ。
何か企ませたら岸辺一徳は日本一だと思う。
いや、もちろん役ですよー。


■「MONSTERS」(10/21・TBS・日21時~初回は21時~22:48迄)
出演:香取慎吾、山下智久、大竹まこと、柳原可奈子 など

香取さんと山ぴが捜査一課の刑事に。
しかもユニット組んで主題歌も歌うそうな。……何してんでしょうね。
視聴率はあまり狙わずにせめてCDでお小遣い稼ぎですか?
本編には期待していないが、山ぴの彼女役が柳原嬢なので、
二人のバカップルなやりとりが楽しみ。
日曜9時だから、ほのぼのと見ればいいかしら。


■「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」(10/22・フジ・月21時~初回は21時~22:24迄)
出演:木村拓哉、香里奈、中井貴一 など

基本、ドラマ好きとして月9は見なきゃいかんだろーと思うのですが、
気合が入らんメインキャストですこと。
まあ私が勝手にがっかりしてるだけです。
中井さんが大好きなので、何だかんだ言いながらも見ますよ。

木村さんが無一文になる役ってことは、これはファンタジーものなんですよね!
そう言い聞かせてリアルなど一切追求せず面白がれる作品になっていることを願います。


■「遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル」(10/23・フジ・火21時~)
出演:生田斗真、真木よう子、桐谷健太、香椎由宇 など

東京で派遣切りにあった青年が高知県・四万十市の町おこし企画の臨時職員募集を見て、
人生の再起にかける等身大ドラマ。

メインが高知県ってことで地味めな実力者がキャスティングされている印象。
表面をなぞるだけではない深いドラマが見られるのではと期待値が上がっている。
このご時世、明日は我が身なのでつい感情移入しちゃいそう。
あと、個人的に高知弁の響きが可愛くて好きだ。


■「花のズボラ飯」(10/23・TBS・火深夜0:55~1:25)
出演:倉科カナ、加藤シゲアキ など

久住昌之著作の人気漫画が原作。
単身赴任のダンナと離れて暮らす花(倉科)が一人で食事をする時はいつも「ズボラ飯」。
花がお気楽料理を楽しむ姿が描かれるらしい。

……このドラマの目的は何だろう。ズボラ飯を次々紹介するんだろうか?
女性視聴率狙いなら、いっそ昼間に毎日10分くらいで長い期間放送してくれないかな。
倉科さんはあちこち頑張って出ていらっしゃるが、
イマイチ「これだ!」ってのがない気がする。(私の中では連ドラ版「電車男」が一番良かった)
可愛いんですけど、それ以外の芝居が出来るようになりたいですね。

+++++++

今回楽しみなのは「相棒eleven」と「遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル」。
スタートしている各作品の第1回は見たが、ワクワクさせてくれる作品はなかったなあ。
あ、朝ドラ「純と愛」をまだ見てない。
これから2週間分まとめて見ようと思います。

2012秋 新ドラマ予想③

■「匿名探偵」(放送中・テレ朝・金深夜23:15~0:15迄)
出演:高橋克典、三浦理恵子 など

高橋さんが探偵役のハードボイルド系アクションものだそうだ。
どのドラマも第1回は出来るだけ見ようと努力する私だが、
このドラマはスルーさせて頂くことにした。
金曜のこの時間帯は他局が充実していて、手が回りません……。

でも高橋さんは何をやっても高橋さんなので、
彼のファンの中高年の女性から安定した支持を得るのでしょう。
今回はお色気要素をダウンさせていると聞いたので、
男性視聴者がとれるかどうか、ですかねえ。


■「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」(放送中・テレ東・金深夜0:12~0:52)
出演:山田孝之、木南晴夏、ムロツヨシ、佐藤二朗、宅麻伸 など

「勇者ヨシヒコと魔王の城」の第二章が始まる。
放送当時はあんまり数字は良くなかった気がしてますが、
いつから人気だったのだろう……?
みんなDVDで見たの?

佐藤さん&ムロさんのボケ合いも楽しいけど、
このドラマは主演の山田君のとぼけっぷりあってこそなので、
福田脚本に引き続き期待したい。
第二シリーズとなると大抵のドラマは質が落ちるが、
このメンバーは変に調子に乗るタイプは……、うん、宅麻さんだけちょっと心配だけど、
ベテランさんだから若者を押しのけたりはしないでしょう。
前回と同じ感じに作られてるといいなぁ。


■「好好!キョンシーガール~東京電視台戦記~」(放送中・テレ東・金深夜0:52~1:23)
出演:川島海荷、名高達男、鏑木海智 など

第1回を見た。
えーと、川島嬢の所属ユニット「9(ナイン)」をテレビに出したいがために
大人たちが一生懸命企画したドラマな感じですね。
川島嬢は「アイドル・川島海荷」という本人役。

どんな役でも結局可愛いが、時代劇より現代劇の方が感情がたくさん表に出て好きだ。
鏑木君は気付いたらあちこち出てますねぇ。
「コドモ警察」のナベさんが年齢不詳で愉快だった。


■「悪夢ちゃん」(放送中・日テレ・土21時~初回は21時~22:09迄)
出演:北川景子、Gackt、木村真那月、小日向文世 など

冷めた小学校の先生・彩未(北川)が予知夢を見る転校生に振り回されるファンタジー。
北川さんのあの柄の悪さ、とても演技とは思えませんね。
夢を研究する悪夢ちゃんの祖父に小日向さん。
造られたあざといキュートさは注目したくなるキャラだ。
贅沢を言えば悪夢ちゃん役の子が残念。
演技がイマイチならせめて可愛くあれ。
参ったのが、子役より北川さんより、バーテン役の和田(D-BOYS)が可愛いよ。
あ、そうそう。ガッ君はガッ君でした。


■「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」(放送中・フジ・日21時~)
出演:深田恭子、佐々木希、瀬戸康史、瀬戸朝香、時任三郎 など

深田さん演じる新人管制官をメインに航空業界を描く大人の職業ドラマ。
羽田空港全面協力とのことだが、いいキャストを揃えたなと思いきや、
何故美味しい位置に佐々木希……。勿体ないなあ。
深田さんの役の年齢が30歳設定なので、そろそろブリッ子演技は卒業してほしいですね。


■「イロドリヒムラ」(放送中・TBS・月深夜0:20~0:59)
出演:日村勇紀 など

脚本、演出が1話ごとに変わる、バナナマン日村氏主演のオムニバスドラマ。
日村さんがお笑いの稀有な才能を持っていることは認めざるを得ないが、
そこそこの役者でも難しい連ドラ企画。
どこまで飽きずに見られるだろうと言うのが心配。
ってか、別にこの人を俳優にしなくてもいいと思うんですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。